ランプの宿「青荷温泉」とは・・・

開湯 昭和4年、秘境青荷渓谷の渓流沿いに本館と3棟のはなれが散在する青荷温泉は、 ランプの宿として知られる、ひな びた風情の秘湯です。
2001年より通年営業となり、雪の多い冬期間も営業しております。
四つのお風呂健六の湯露天風呂本館内湯滝見の湯を、 「ゆったど・じったど」湯巡りしながら、青荷渓谷の豊かな自然を楽しみに「来いへぇ〜!」
ランプ-01
内湯-01
囲炉裏の間-01
帳場
正面玄関-01

所在地 〒036−0402
青森県黒石市大字沖浦字青荷沢滝ノ上1の7
пF0172-54-8588 Fax:0172-54-2655
公式サイト: http://www.yo.rim.or.jp/~aoni/

宿泊施設
本館・水車館、離れ三棟 全和室、宿泊人数:100人
(浴衣・タオル・ハブラシの用意あり)
風呂(四ヶ所)
健六:(男女別)  本館内湯:(男女別) 滝見の湯:(男女別)
露天風呂:(混浴:レディース・タイム有)

01-健六の湯
02-紅葉の秋から晩秋へ
03-晩秋健六の湯
04そして静寂の冬・・・
05-露天冬
06-よぐきたねし
07-ランプの宿青荷温泉
08-ただ今冬期営業中
08-ただ今冬期営業中

ランプの宿
青荷温泉の四季、
楽しみに来いへぇ〜

予約状況について

 旅行会社様で満室の時でも、 こぢの方で部屋っこ空いでる時も あるはんで、電話っこで確認してけの〜

пF0172-54-8588

最新情報

Web版 青荷便りです。
ランプの宿青荷温泉の今日この頃を感じてけぇ〜・・・・

”津軽弁” ( ほらぁ、出だべぇ〜! )  ←マウスを乗せると・・・

緊急のお知らせっこ ・・・ (7/11)

 ただ今当温泉では本館裏の離れへ通じる吊り橋の「架け替え工事」を行っております。

 お客様方には大変ご不便をおかけいたしますが、ご協力お願いいたします。

追伸: ”ホタル”も飛び始めたよぉ〜

夏休み・お盆休みは青荷の湯っこ ・・・  (7/2)

ねぷた祭り

(「黒石ねぷた」の合同運行=2015/07/30↑)

 津軽の祭典「ねぷた祭り」まであと一ヶ月・・・

 雨が降れば降るで樹木が伸び、天気が良ければ良しで葉っぱが色濃くなる今日この頃。

 今ではすっかり緑の衣をまとった”深緑の青荷温泉”と言った所!

 そして、暑くなればなるほど燃えて来るのが”津軽衆”!

 7月に入れば”わくわく・そわそわ”、何たって津軽には世界の火祭り「ねぷた祭り」が控えている。

 7月30日の「黒石ねぷた」出陣に始まり、弘前・青森そして五所川原と、日にちをずらして8月8日まで運行。

 そんな熱い火祭り見物は、涼しく流れる渓流”青荷川”の瀬音を聞きながら宿入りするのが一番!

 祭りのちょっと前には”ホタル”もお出迎えするよぉ〜!
(平年ここ青荷周辺でホタルが飛び交うのが7/20〜月末頃)

 夏休みは青荷の湯っこが一番、予約待ってるよぉ〜!!

初夏から盛夏へ、青荷温泉 ・・・(6/16)

龍ヶ滝

 周辺樹木に、ドップリつかり始めた青荷温泉

 つい一月ほど前まで”桜っこ咲いた”とか”満開だ”とか・・・

 そんな便りを届けたここ青荷温泉も、今ではすっかり新緑に包まれ、見通しが利かないほど。なんぼあづまば!

 青荷渓流も今ではグッと水位を下げ、離れ奥の「龍ヶ滝」(上)も細い糸を垂らしたような元気無さ!

 季節の移り変わりには目敏いここ青荷温泉は、いよいよ初夏から盛夏へ・・・

 そんな季節の感覚、味わいに来いへぇ〜、
 もちろん青荷の湯っこさ ”どっぷど” ( どっぷど=どっぷり )  浸かってさぁ!

 青荷の四季・・・・・・

ボチボチ色付くアジサイ


アジサイ-01
アジサイ-02
アジサイ-03
アジサイ-04
アジサイ-05
アジサイ-06
アジサイ-06
野草-6
野草-7

日帰りの方へのご案内 こんな昼食メニューあるよぉ〜!!

お昼の献立 詳細はこちら

日帰り利用  入・出館10:00〜15:00(大広間使用可) 入館料

食事

入館料(入浴込)  520 なし 520
川菜定食 520 1,296 1,816
釜めし定食 520 1,296 1,816
山川定食 520 2,160 2,680
青荷定食 520 3,240 3,760
ページトップへ