ランプの宿「青荷温泉」とは・・・

開湯 昭和4年、秘境青荷渓谷の渓流沿いに本館と3棟のはなれが散在する青荷温泉は、 ランプの宿として知られる、ひな びた風情の秘湯です。
2001年より通年営業となり、雪の多い冬期間も営業しております。
四つのお風呂健六の湯露天風呂本館内湯滝見の湯を、 「ゆったど・じったど」湯巡りしながら、青荷渓谷の豊かな自然を楽しみに「来いへぇ〜!」

所在地 〒036−0402
青森県黒石市大字沖浦字青荷沢滝ノ上1の7
пF0172-54-8588 Fax:0172-54-2655
公式サイト: http://www.yo.rim.or.jp/~aoni/

宿泊施設
本館・水車館、離れ三棟 全和室、宿泊人数:100人
(浴衣・タオル・ハブラシの用意あり)
風呂(四ヶ所)
健六:(男女別)  本館内湯:(男女別) 滝見の湯:(男女別)
露天風呂:(混浴:レディース・タイム有)

ランプの宿
青荷温泉の四季、
楽しみに来いへぇ〜

予約状況について

 旅行会社様で満室の時でも、 こぢの方で部屋っこ空いでる時も あるはんで、電話っこで確認してけの〜

пF0172-54-8588

最新情報

Web版 青荷便りです。
ランプの宿青荷温泉の今日この頃を感じてけぇ〜・・・・

“津軽弁"・・・ ←マウスを乗せると訳が出ます。

雪っこ降って来たよぉ〜・・・     (11/17)

青荷玄関  雪っこ降れば一面別世界・・・

 ここしばらく静けさの続いたランプの宿。

 少し前まではミゾレだった雪も、冬型の気圧配置でぐっと冷え込み、いよいよ本格的に雪っこ降って来た青荷の山々。

 当温泉では今冬支度の真っ最中で、雪囲いや冬用品の整備に従業員総出で大わらわ。

 中でも奥の離れ・露天風呂へ渡る吊り橋には、“すべらっておければマイネはんで”ビニール張りのトンネルが掛けられるが、今週中にも完成予定。

 そこで降雪時のお願い・・・

 降雪のある日は自家用車ストップ!!
 (二日ほど前の降雪時、自家用車はストップでした)
 (12/1からは完全実施)
自家用車はふもとの虹の湖駐車場に置いて頂き、当社の送迎バスに乗り換えての入館となります。

 里では全く雪の気配がなくても、当温泉は山の中の一軒宿。
 途中の山道では雪が有ったりアイスバーンであったりします。
 事前に電話で確認してから“来てけぇ〜”

 ただ今 お得なプランを計画中・・・近日発表!!

“ヒバのかまりっこプンプンさへで” 待ってるはんで!」

 ★印年末年始の予約待ってるよぉ〜

 

冬の青荷情景・・・・・・

 

昨年の青荷紅葉


雪っこ降って・・・(11/17)


雪帽子をかぶった打ち水


露天風呂


グット水量の減った龍ヶ滝


奥屋敷にある「龍神の湯」

日帰りの方、こんな昼食メニューあるよぉ〜!!

お昼の献立 詳細はこちら

(大広間使用可) 入館料

食事

入館料(入浴込) 520 なし 520
川菜定食 520 1,296 1,816
釜めし定食 520 1,296 1,816
山川定食 520 2,160 2,680
青荷定食 520 3,240 3,760
ページトップへ