ランプの宿「青荷温泉」とは・・・

開湯 昭和4年、秘境青荷渓谷の渓流沿いに本館と3棟のはなれが散在する青荷温泉は、 ランプの宿として知られる、ひな びた風情の秘湯です。
2001年より通年営業となり、雪の多い冬期間も営業しております。
四つのお風呂健六の湯露天風呂本館内湯滝見の湯を、 「ゆったど・じったど」湯巡りしながら、青荷渓谷の豊かな自然を楽しみに「来いへぇ〜!」

所在地 〒036−0402
青森県黒石市大字沖浦字青荷沢滝ノ上1の7
пF0172-54-8588 Fax:0172-54-2655
公式サイト: http://www.yo.rim.or.jp/~aoni/

宿泊施設
本館・水車館、離れ三棟 全和室、宿泊人数:100人
(浴衣・タオル・ハブラシの用意あり)
風呂(四ヶ所)
健六:(男女別)  本館内湯:(男女別) 滝見の湯:(男女別)
露天風呂:(混浴:レディース・タイム有)

ランプの宿
青荷温泉の四季、
楽しみに来いへぇ〜

予約状況について

 旅行会社様で満室の時でも、 こぢの方で部屋っこ空いでる時も あるはんで、電話っこで確認してけの〜

пF0172-54-8588

最新情報

Web版 青荷便りです。
ランプの宿青荷温泉の今日この頃を感じてけぇ〜・・・・

津軽の火祭り“ねぷたっこ” ・・・・・・ (7/17)

 熱ぐなって来たよ〜、津軽とネプタと青荷温泉・・・

 7月早々から吹き荒れる今年の台風。
 土石流災害など大きな、被害の出る天候で大変な夏だ。

 ここ青荷温泉は比較的穏やかな天候に恵まれている今日この頃で何よりだ。

 そんな中、あと10日ほどもすれば青森県内の熱い夏祭り「ねぷた祭り」が津軽平野のそちこちで始まるよぉ〜!

 まず、先陣を切って始まるのが地元黒石市のネプタっこ。

 青森・弘前より一足先に始まるのが黒石市のねぷた祭りで、7月28日〜8月5日の予定で開催。
 引き続き8月1〜7日から弘前、青森8月2〜7日、五所川原8月4〜8日と続く。

 この時期は県内の宿泊施設、どこも満室状態で予約が難し状況だが、そこはそれ、粘りと根性でケッパねばマイネ・・・・

 簡単にあきらめないで、電話っこしてみでけぇ〜!

 もしもし電話っこ 0172-54-8588

 

ねぷた祭りまであと一ケ月 ・・・・・・ (7/1)

本館裏緑のブラインド、良いよぉ〜

 青森県民が誇る「ねぷた祭り」まであと一ヶ月。

 青荷温泉は今、「本館」はじめ「離れ」・「健六の湯」など周辺の木々に囲まれ、まさに「山中の温泉宿」真っ只中。

 この時期ともなると、当青荷温泉はこれから色付く秋まで、緑にどっぷり浸かる「深緑埋没宿」・・・なんたりして!

 『「何にも無い」って聞いて来たけど、こんなにたくさんの緑とたっぷりの時間、そして何より”こんな素敵な景観”が有るじゃないですか!』と、帰り際に頂いたお客kさんの一言・・・、

  ”ありがでなぁ〜、まだ来てけへぇ〜”

 金が有っても時間のない人、才能あっても資金のない人、両方あっても時の運のない人、どんな人も”分け隔て無く”お迎えします。

 ”青荷の湯っこさ入って、人生の見直し”しに来いへぇ〜
 わんつかえふりこいだべがな?

 

お得な2つプラン・・・・・・

露天風呂 青荷温泉のお得なプラン、
 「やすらぎプラン」、「日帰りプラン」有るよぉ〜。

 「やすらぎプラン」内訳
 2泊3日7食付きで14,000円
 詳しくはこちら→Go

 「日帰りプラン」内訳
 入館料520円+選べる定食1296円のセット
 詳しくはこちら→Go

いずれも電話っこで申し込んでけぇ〜  0172-54-8588

 夏の日を浴びて汗っこかいだら、青荷の湯っこさ来いへぇ〜

野草・山菜も総出のお出迎え

野草01


野草02


野草03


野草04
野草05

日帰りの方、こんな昼食メニューあるよぉ〜!!

お昼の献立 詳細はこちら

(大広間使用可) 入館料

食事

入館料(入浴込) 520 なし 520
川菜定食 520 1,296 1,816
釜めし定食 520 1,296 1,816
山川定食 520 2,160 2,680
青荷定食 520 3,240 3,760
ページトップへ