ランプの宿「青荷温泉」とは・・・

開湯 昭和4年、秘境青荷渓谷の渓流沿いに本館と3棟のはなれが散在する青荷温泉は、 ランプの宿として知られる、ひな びた風情の秘湯です。
2001年より通年営業となり、雪の多い冬期間も営業しております。
四つのお風呂「健六の湯」 「・露天風呂」 ・「本館内湯」・「滝見の湯」を、 「ゆったど・じったど」湯巡りしながら、青荷渓谷の豊かな自然を楽しみに「来いへぇ〜!」
ランプ-01
内湯-01
囲炉裏の間-01
帳場
雪の正面玄関

所在地 〒036−0402
青森県黒石市大字沖浦字青荷沢滝ノ上1の7
пF0172-54-8588 Fax:0172-54-2655
公式サイト: http://www.yo.rim.or.jp/~aoni/

宿泊施設
本館・水車館、離れ三棟 全和室、宿泊人数:100人
(浴衣・タオル・ハブラシの用意あり)
風呂(四ヶ所)
健六:(男女別) 
本館内湯:
(男女別) 
滝見の湯:(男女別)
露天風呂:(混浴:レディース・タイム有)

最新情報

Web版 青荷便りです。
ランプの宿青荷温泉の今日この頃を感じてけぇ〜・・・・

”津軽弁” ( ほらぁ、出だべぇ〜!
発音・イントネーションは帳場で聞でけぇ〜
)
 ←マウスを乗せると・・・

青荷温泉、春から初夏へ ・・・ (6/16)

  • 青荷周辺の野草-1
  • 青荷周辺の野草-2
  • 青荷周辺の野草-3
  • 青荷周辺の野草-4
  • 青荷周辺の野草-5
  • 青荷周辺の野草-6
  • 青荷周辺の野草-7
  • 青荷周辺の野草-8
  • 青荷周辺の野草-9
  • 青荷周辺の野草-10
  • 青荷周辺の野草-11
  • 青荷周辺の野草-12
  •  六月もなかば過ぎ、この時期は野草ものびのび ・・・ 

     青荷の敷地内、そして宿までの山道には野草の花が順番を待つかのように咲きすすむ今日この頃。

     種類によっては一か所にまとまって咲くものもあれば、道端にずら〜っと行列を作るものとさまざま。

     近頃の山道沿いは、伐採等でまとまって咲く姿があまり見られなくなったが、それでも時期・種類により山道を楽しませてくれる野草たち。

     「よぐ来たねし〜」と青荷温泉に協力してお出迎えしてくれています。

     初夏から盛夏、そんな青荷の自然楽しみに来いへぇ〜!

     「あづまし湯っこ」さランプのあがしっこ点けで待ってるよぉ〜!!

     

    ★ 旅行会社さんやインターネット業者さんに提供している部屋以外にも、当温泉の部屋があります。まずは直接電話してみてください。待ってるよぉ〜!
     電話:0172-54-8588

    青荷の山道に咲く野草

     青荷の山道に咲く野草・・・(シシウドかな?)

    ページトップへ