ランプの宿「青荷温泉」とは・・・

開湯 昭和4年、秘境青荷渓谷の渓流沿いに本館と3棟のはなれが散在する青荷温泉は、 ランプの宿として知られる、ひな びた風情の秘湯です。
2001年より通年営業となり、雪の多い冬期間も営業しております。
四つのお風呂健六の湯露天風呂本館内湯滝見の湯を、 「ゆったど・じったど」湯巡りしながら、青荷渓谷の豊かな自然を楽しみに「来いへぇ〜!」
ランプ-01
内湯-01
囲炉裏の間-01
正面玄関-01

所在地 〒036−0402
青森県黒石市大字沖浦字青荷沢滝ノ上1の7
пF0172-54-8588 Fax:0172-54-2655
公式サイト: http://www.yo.rim.or.jp/~aoni/

宿泊施設
本館・水車館、離れ三棟 全和室、宿泊人数:100人
(浴衣・タオル・ハブラシの用意あり)
風呂(四ヶ所)
健六:(男女別)  本館内湯:(男女別) 滝見の湯:(男女別)
露天風呂:(混浴:レディース・タイム有)

01-健六の湯
02-紅葉の秋から晩秋へ
03-晩秋健六の湯
04そして静寂の冬・・・
05-露天冬
06-よぐきたねし
07-ランプの宿青荷温泉
08-ただ今冬期営業中
08-ただ今冬期営業中

ランプの宿
青荷温泉の四季、
楽しみに来いへぇ〜

予約状況について

 旅行会社様で満室の時でも、 こぢの方で部屋っこ空いでる時も あるはんで、電話っこで確認してけの〜

пF0172-54-8588

最新情報

Web版 青荷便りです。
ランプの宿青荷温泉の今日この頃を感じてけぇ〜・・・・

”津軽弁” ( ほらぁ、出だべぇ〜! )  ←マウスを乗せると・・・

新緑の季節到来、青荷温泉 ・・・ (5/17)

芽生え始める敷地内の草花

 さわやかさ満喫、青荷の敷地と周辺の山々!

 桜の便りも一段落の青荷温泉。後を引き受けるのが新緑の季節到来の爽やかニュース。

 青荷渓流も雪代による濁りもだいぶとれ、日増しに透明度を増す日々。

 ・・・、とは言っても奥山の櫛ヶ峰から流れ込む ”シャッコイ” ( シャッコイ=冷たい ) 水はまだしばらく続く今日この頃の青荷温泉だ。

 そこで自家用車でご来館のお客様にちょっとお願い!

 これから青荷の奥山では山菜のシーズン。
 山菜採りの車の往来が非常に多くなります。

 青荷温泉までの山道はクネクネ・ゴエッと曲がるカーブ連続の狭い山道、通行には「内小回り・外大回り」で運転してけぇ〜!!

 つい先日も立派なベンツの車っこ、内小回りどころか外大回りで走行してきてクラッシュ寸前。

 折角青荷の湯っこで洗い落としたストレスと言う垢、早々に新しい垢を付けてもマイネ・マイネ。

 そんな青荷温泉、「旬の山菜定食」↓用意して待ってるよ。

始めるよ〜、旬の山菜定食!  

 五月になれば奥山に出て来るのが
旬の山菜。

 そこで、今が旬の採れたて山菜を使った定食を提供します。

 料金は税込で2,160円、
 5月7日から期間限で提供します。

 詳しくはこぢ見でけぇ〜 → 旬の山菜定食

 青荷の四季・・・・・・

新緑の青荷温泉に、
山春もみじ


青荷全景
新芽越しに見る青荷渓流
吊り橋越しの本館裏
すっかり新芽を出したソメイヨシノ
敷地内の小さな花
本館裏の吊り橋と青荷渓流
青荷渓流

日帰りの方へのご案内 こんな昼食メニューあるよぉ〜!!

お昼の献立 詳細はこちら

日帰り利用  入・出館10:00〜15:00(大広間使用可) 入館料

食事

入館料(入浴込)  520 なし 520
川菜定食 520 1,296 1,816
釜めし定食 520 1,296 1,816
山川定食 520 2,160 2,680
青荷定食 520 3,240 3,760
ページトップへ