ランプの宿「青荷温泉」とは・・・

開湯 昭和4年、秘境青荷渓谷の渓流沿いに本館と3棟のはなれが散在する青荷温泉は、 ランプの宿として知られる、ひな びた風情の秘湯です。
2001年より通年営業となり、雪の多い冬期間も営業しております。
四つのお風呂「健六の湯」 「・露天風呂」 ・「本館内湯」・「滝見の湯」を、 「ゆったど・じったど」湯巡りしながら、青荷渓谷の豊かな自然を楽しみに「来いへぇ〜!」
ランプ-01
内湯-01
囲炉裏の間-01
帳場
雪の正面玄関
01-桜咲く春
02-桜(ソメイヨシノ)
03-新緑から深緑へ
04-山桜
05-渓底の青荷温泉
06-そして紅葉の秋
07-青荷紅葉
08-よぐ来たねし ランプの宿青荷温泉
08-只今営業中

所在地 〒036−0402
青森県黒石市大字沖浦字青荷沢滝ノ上1の7
пF0172-54-8588 Fax:0172-54-2655
公式サイト: http://www.yo.rim.or.jp/~aoni/

宿泊施設
本館・水車館、離れ三棟 全和室、宿泊人数:100人
(浴衣・タオル・ハブラシの用意あり)
風呂(四ヶ所)
健六:(男女別) 
本館内湯:
(男女別) 
滝見の湯:(男女別)
露天風呂:(混浴:レディース・タイム有)

最新情報

Web版 青荷便りです。
ランプの宿青荷温泉の今日この頃を感じてけぇ〜・・・・

”津軽弁” ( ほらぁ、出だべぇ〜!
発音・イントネーションは帳場で聞でけぇ〜
)
 ←マウスを乗せると・・・

初夏気分の青荷温泉・・・ (7/1)

  • 玄関先から外灯越しの「健六の湯」
  • 正面玄関の奥山はうっすらと小雨模様
  • 玄関を正面に見てもアケビの葉が・・・
  • 玄関先にある手水鉢も「よぐきたねし」とお出迎え
  • 樹木に覆い隠される「幻渓楼」
  • 「十方堂」も今ではすっかり樹木に埋もれて・・・
  • 露天風呂の前で咲き誇る「ヤマボウシ」
  • 樹木に埋もれる姿が似合う「ふるさと館」
  • 大木に絡みつく「ツルアジサイ」
  • 渓流沿いのシダ
  • 今日から7月、平穏な気候の続く青荷温泉 ・・・ 

     いよいよ深緑に埋もれてきた青荷温泉。
    周辺の木々も色濃くなり初夏から真夏へと・・・

     敷地内を巡回してみると十方堂手前の木に絡みつくツルアジサイ、一輪だけちょうど咲き始めようとしている。

     そんなここ青荷温泉、駐車場やの「めくり坂」の施設工事もようやく終わり、あとはお客さんに ”ずっぱど” ( ずっぱど=一杯・たくさん )  来てもらえば良いだけ!

     ねぷた祭りとお盆まであと一月、今のうちに予約にチャレンジ、特にこの時期は直接電話で問い合わせるのが一番。

     ランプの“あがしっこ”ど、ぬぐだまる湯っこ ”ずっぱど溜で” ( ずっぱど溜で=一杯溜めて
    この場合、ぬぐだまる(温まるお湯を)一杯貯めて
    )
     待ってるよぉ〜

    ★ 青荷の四季 Four seasons of the "Lamp no yado Aoni Onsen"

     ★ ご予約はこちらもご利用いただけます

    オンライン予約はこちらもご利用できます

    PAGE TOP