ランプの宿「青荷温泉」とは・・・

開湯 昭和4年、秘境青荷渓谷の渓流沿いに本館と3棟のはなれが散在する青荷温泉は、 ランプの宿として知られる、ひな びた風情の秘湯です。
2001年より通年営業となり、雪の多い冬期間も営業しております。
四つのお風呂健六の湯露天風呂本館内湯滝見の湯を、 「ゆったど・じったど」湯巡りしながら、青荷渓谷の豊かな自然を楽しみに「来いへぇ〜!」

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

所在地 〒036−0402
青森県黒石市大字沖浦字青荷沢滝ノ上1の7
пF0172-54-8588 Fax:0172-54-2655
公式サイト: http://www.yo.rim.or.jp/~aoni/

宿泊施設
本館・水車館、離れ三棟 全和室、宿泊人数:100人
(浴衣・タオル・ハブラシの用意あり)
風呂(四ヶ所)
健六:(男女別)  本館内湯:(男女別) 滝見の湯:(男女別)
露天風呂:(混浴:レディース・タイム有)

ランプの宿
青荷温泉の四季、
楽しみに来いへぇ〜

予約状況について

 旅行会社様で満室の時でも、 こぢの方で部屋っこ空いでる時も あるはんで、電話っこで確認してけの〜

пF0172-54-8588

最新情報

Web版 青荷便りです。
ランプの宿青荷温泉の今日この頃を感じてけぇ〜・・・・

“津軽弁"・・・ ←マウスを乗せると訳が出ます。

青荷の冬、真っ盛り・・・・・・  (2/16)

融雪による快適な通路

 よぐ降るなぁ〜、今年の雪・・・・・・

 祭日の2月11日、毎年一番の降雪を見るこの時期。
今年は少ない!・・・と思ったのもほんのいっとき(一時)、ほめた途端にまた降り出したのが今の青荷温泉。

 それでもここは温泉宿、敷地内の要所要所に融雪パイプを設置、廃湯を利用し玄関から「健六の湯」への通路をきれいに解かしている。

 省エネに貢献する青荷温泉だ!

青荷落書き板・・・・

 さて、今回は帳場の横に置いてあるお客さんの落書きをわんつか紹介・・・・・・

メッセージ抜粋:
◎「また来たよ〜青荷、夫婦になったぜ!!」
そうです、青荷の湯っこは縁結びにも効くんです・・・(-_-;)

◎ランプが心を、温泉が体を温めてくれる・・・(某製薬会社様一向)
いい表現ですね、さすが製薬会社の皆さん。日々心と身体を見つめていらっしゃる証です・・・。「こんど使わせて頂きます(小声で)」

◎時間を忘れることのできる宿でした。
そうです、当温泉は決してせかせません。ただ時間の忘れ物はお届けできませんので・・・

◎星がすごくきれいにたくさん見えて感動しました。(名古屋)
晴れわたる冬空、満天の星を観る絶好のチャンス、何たって南八甲田連峰の山中、空気が澄んでいるからです!

◎ストーブ列車(津軽鉄道)の中で青荷の話を聞いて来ました。
このような温泉をもたらしてくれた自然に感謝、維持管理する皆さんに感謝・・・(京都)

・・・・・・いや〜ぶらり途中下車的に来ていただき、こちらこそ感謝・感激です。

 お客さんのメッセージ、ありがでなぁ〜、こうしたメッセージ書きに来いへぇ〜

 青荷の湯っこさ入れば「名文・名セリフ」次々と湧いでくるよ〜、
何たって沸々と湧き出る自噴・自慢の湯っこだもの!!

 

 雪に埋もれる青荷の湯っこさ入りに来いへぇ〜!! 

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

冬本来の姿青荷温泉


青荷玄関


子宝の湯と露天風呂
露天風呂

滝見の湯


雪に垂れる枝越しに、わずか顔だす青荷川
まるで水路と化した青荷川
雪に埋もれる青荷川越しの十方堂
吊り橋トンネルと離れ

日帰りの方、こんな昼食メニューあるよぉ〜!!

お昼の献立 詳細はこちら

日帰り利用  入・出館10:00〜15:00(大広間使用可) 入館料

食事

入館料(入浴込)  520 なし 520
川菜定食 520 1,296 1,816
釜めし定食 520 1,296 1,816
山川定食 520 2,160 2,680
青荷定食 520 3,240 3,760
ページトップへ