ランプの宿「青荷温泉」とは・・・

開湯 昭和4年、秘境青荷渓谷の渓流沿いに本館と3棟のはなれが散在する青荷温泉は、 ランプの宿として知られる、ひな びた風情の秘湯です。
2001年より通年営業となり、雪の多い冬期間も営業しております。
四つのお風呂健六の湯露天風呂本館内湯滝見の湯を、 「ゆったど・じったど」湯巡りしながら、青荷渓谷の豊かな自然を楽しみに「来いへぇ〜!」

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

所在地 〒036−0402
青森県黒石市大字沖浦字青荷沢滝ノ上1の7
пF0172-54-8588 Fax:0172-54-2655
公式サイト: http://www.yo.rim.or.jp/~aoni/

宿泊施設
本館・水車館、離れ三棟 全和室、宿泊人数:100人
(浴衣・タオル・ハブラシの用意あり)
風呂(四ヶ所)
健六:(男女別)  本館内湯:(男女別) 滝見の湯:(男女別)
露天風呂:(混浴:レディース・タイム有)

ランプの宿
青荷温泉の四季、
楽しみに来いへぇ〜

予約状況について

 旅行会社様で満室の時でも、 こぢの方で部屋っこ空いでる時も あるはんで、電話っこで確認してけの〜

пF0172-54-8588

最新情報

Web版 青荷便りです。
ランプの宿青荷温泉の今日この頃を感じてけぇ〜・・・・

“津軽弁"・・・ ←マウスを乗せるて待つと訳が出ます。

旬の採れたてプラン ・・・・・・ (5/24)

 青荷の旬の山菜だよぉ〜・・・・・・

 新芽も出そろい青荷の奥山では山菜取りが一斉に押しかける季節到来。山ウド、ミズ始め、これからしばらくは、タケノコ採りでにぎわう青荷の山々。

「山菜出で来てらじゃ、へばぁ、お客さんさ旬の山菜かへるべし!」
(山菜出て来てるよ〜、じゃ、旬の山菜食べてもらおう)
・・・・・・と言う事で、

 ★ お得な食事付プラン(日帰り)始めます

 イワナの塩焼き、鴨鍋にワラビ、バッケ、ウド等旬の食材を使った食事を提供する日帰りプラン。

 料金は入館入浴・税込で2,000円、平成27年7月下旬までの予定で実施します。

 詳しくはこぢ見でけぇ〜・・・→ お得な食事付プラン

三味線ライブやってらよぉ〜

津軽三味線

 津軽の香まりっこ「津軽三味線生ライブ」

 毎年夏期営業中は津軽三味線の生ライブを行なっています。

 地元奏者による生の演奏で、地元黒石市の「千葉勝弘」氏を迎え、夕食時に大広間にて行っています。

 「じょんから節」の発祥の地ともいわれるここ黒石市。千葉師匠のバチにも力が入り、また新節・旧節などのトークにも熱が入っています。

 なお、毎週金曜日を予定していますが、演奏者の都合でやもう得ず中止の場合もあるので、その時は”めやぐ、かにしてけ”

桜の後は新緑の青荷温泉


健六の湯


本館裏
竜ヶ滝

野草



日帰りの方へのご案内 こんな昼食メニューあるよぉ〜!!

お昼の献立 詳細はこちら

日帰り利用  入・出館10:00〜15:00(大広間使用可) 入館料

食事

入館料(入浴込)  520 なし 520
川菜定食 520 1,296 1,816
釜めし定食 520 1,296 1,816
山川定食 520 2,160 2,680
青荷定食 520 3,240 3,760
ページトップへ