ランプの宿「青荷温泉」とは・・・

開湯 昭和4年、秘境青荷渓谷の渓流沿いに本館と3棟のはなれが散在する青荷温泉は、 ランプの宿として知られる、ひな びた風情の秘湯です。
2001年より通年営業となり、雪の多い冬期間も営業しております。
四つのお風呂「健六の湯」 「・露天風呂」 ・「本館内湯」・「滝見の湯」を、 「ゆったど・じったど」湯巡りしながら、青荷渓谷の豊かな自然を楽しみに「来いへぇ〜!」
ランプ-01
内湯-01
囲炉裏の間-01
帳場
雪の正面玄関

所在地 〒036−0402
青森県黒石市大字沖浦字青荷沢滝ノ上1の7
пF0172-54-8588 Fax:0172-54-2655
公式サイト: http://www.yo.rim.or.jp/~aoni/

宿泊施設
本館・水車館、離れ三棟 全和室、宿泊人数:100人
(浴衣・タオル・ハブラシの用意あり)
風呂(四ヶ所)
健六:(男女別) 
本館内湯:
(男女別) 
滝見の湯:(男女別)
露天風呂:(混浴:レディース・タイム有)

最新情報

Web版 青荷便りです。
ランプの宿青荷温泉の今日この頃を感じてけぇ〜・・・・

”津軽弁” ( ほらぁ、出だべぇ〜!
発音・イントネーションは帳場で聞でけぇ〜
)
 ←マウスを乗せると・・・

今年の紅葉は、どんだべな〜 ・・・ ?  (9/16)

  • シュウメイギク
  • 露天風呂内に咲くキリンソウ
  • 露天風呂から見る本館
  • 本館裏手と吊り橋
  • 十方堂
  • 竜神の湯
  • 萩
  • 山道に咲く野草-1
  • 山道に咲くキフネソウ
  • ツリフネソウ
  • 山道の頂付近のススキ
  •  朝夕の涼しさ増す青荷温泉!

     ススキ九月も半ば、 朝夕はめっきり涼しい青荷温泉。

     周辺の草花も秋物へと衣替えで、宿までの山道途中に群生するススキもそろそろ出揃った感じ。

     これから見頃となるのが山道中間くらいに咲く「萩の花」。

     今は2〜3分咲きの状態で間もなくピークとなりそう。

     周辺樹木の色合いも何となく青々とした感じが薄れ、色調に変化が!

     そんな九月半ばの青荷周辺は、紅葉へ向けての準備中と言ったところ。

     青荷の紅葉ピークは平年10月20日前後、さぁ〜、今年は ”どんだべなぁ?” ( どんだべなぁ?=どうだろうな? )

     ★ 10月1日からは冬期料金での営業となります。

     めっきり涼しくなったこの頃、10月1日からは冬期料金での営業となりますのでご了承ください。予約時確認してください。

     さぁ〜、紅葉まであと一か月、
        青荷の四季一番の“彩り”、観に来いへぇ〜!

     

    工事のお知らせ

    ★ 只今当温泉の脇を流れる「青荷川」の護岸工事が行われております。
    お客様には大変ご不便をお掛け致しますがご了承ください。

    ★ 休館のお知らせ
    下記日程で本館の一部改修工事を予定しております。
    つきましては全館休館とさせて頂きますのでご了承ください。

    休館日:平成29年12月5(火)〜8日(金)
    期間中は日帰り入浴も営業しておりません。
    9日のチェックインから営業再開となります。

     

     ★  青荷紅葉

    ページトップへ
    オンライン予約はこちらからどうぞ