ランプの宿「青荷温泉」とは・・・

開湯 昭和4年、秘境青荷渓谷の渓流沿いに本館と3棟のはなれが散在する青荷温泉は、 ランプの宿として知られる、ひな びた風情の秘湯です。
2001年より通年営業となり、雪の多い冬期間も営業しております。
四つのお風呂健六の湯露天風呂本館内湯滝見の湯を、 「ゆったど・じったど」湯巡りしながら、青荷渓谷の豊かな自然を楽しみに「来いへぇ〜!」

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

所在地 〒036−0402
青森県黒石市大字沖浦字青荷沢滝ノ上1の7
пF0172-54-8588 Fax:0172-54-2655
公式サイト: http://www.yo.rim.or.jp/~aoni/

宿泊施設
本館・水車館、離れ三棟 全和室、宿泊人数:100人
(浴衣・タオル・ハブラシの用意あり)
風呂(四ヶ所)
健六:(男女別)  本館内湯:(男女別) 滝見の湯:(男女別)
露天風呂:(混浴:レディース・タイム有)

ランプの宿
青荷温泉の四季、
楽しみに来いへぇ〜

予約状況について

 旅行会社様で満室の時でも、 こぢの方で部屋っこ空いでる時も あるはんで、電話っこで確認してけの〜

пF0172-54-8588

最新情報

Web版 青荷便りです。
ランプの宿青荷温泉の今日この頃を感じてけぇ〜・・・・

“津軽弁"・・・ ←マウスを乗せると訳が出ます。

緊急工事のお知らせっこ・・・・・・ (3/20)

「滝見の湯」 緊急工事のお知らせ

 平素はランプの宿青荷温泉をご愛顧頂き、誠にありがとうございます。
 さて、当旅館の滝見の湯は大雪による雪害のため、下記日程で緊急工事を行うこととなりました。
 ご利用のお客様ならびに関係者様には大変ご迷惑をおかけ致しますが、何卒ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。
 なお、工事対象外の施設、浴室につきましては、工事期間中も通常通りご宿泊、ご利用いただきます。

■ 工事期間  平成27年3月23日(月)から平成27年4月28日(火)
* 工事期間は最長で4月28日でございますが、進捗状況により変更となる場合もございます。

 

四月から夏期営業 ・・・・・・ (3/16)

融雪による快適な通路

 青荷の春、今年はどんだべなぁ〜・・・・・・?

 「三月もなかばとなれば春気分」・・・は里の話っこ!
「まだ雪っこずっぱど有るじゃ〜」がここ青荷周辺の山々だ。

 それでも山道の周りには雪があるものの、除雪の甲斐あってアスファルトが顔をのぞかせる。

 途中の「ネコヤナギ」もぼちぼち面っこ出して、春気分を演出しているのが青荷の今日この頃だ!

 四月から夏期営業の知らせっこ・・・・・・

 さて、冬期営業は三月一杯で終了、四月一日からは夏期営業としてスタートします。

 営業内容が一部変更となり主な変更点は以下の通りです。

宿泊料金:10,950円→9,870円(平日・税込)
自家用車での乗り入れ可能
当社バスによる送迎本数・時間

 この三点が主な変更点となります。

 ただし、自家用車での乗り入れはまだ雪が多く道も狭いので当面見合わせとなります。
 当日その時は天気が良くても
「一夜明ければ一面真っ白雪景色」 はよくある事。必ず事前に電話で状況の確認・当日再確認してください。

 聞けば、「桜満開の大ポスター『春は桜でShow』とかなんとかJRさんの駅そちこちにあるわよ!」・・・とお客さん!

 そんだ!何たって「ネプタ祭り」と並んで青森県が世界に誇る弘前の桜っこ、他にも何ヶ所もある桜の名所の開花「連休はどんだべなぁ〜今年は?」

 ★「あの桜観たい!出かける支度しなくっちゃ!!」

 「なんもアワかねしてもイィ!
  予約してからゆったどまま食って出がげればえごさね!!」
(何も慌てなくても良いですよ!まず予約、それからゆっくりご飯を食べて出掛ければ良いですよ!!)

春の始まりは地肌から


晴天の下の「健六の湯」


青荷の谷間
青荷名物「のめくり坂」と雑木林

地肌を表した健六の湯手前


青荷渓流未だ雪多し
青荷渓流

日帰りの方へのご案内 こんな昼食メニューあるよぉ〜!!

お昼の献立 詳細はこちら

日帰り利用  入・出館10:00〜15:00(大広間使用可) 入館料

食事

入館料(入浴込)  520 なし 520
川菜定食 520 1,296 1,816
釜めし定食 520 1,296 1,816
山川定食 520 2,160 2,680
青荷定食 520 3,240 3,760
ページトップへ