ランプの宿「青荷温泉」とは・・・

開湯 昭和4年、秘境青荷渓谷の渓流沿いに本館と3棟のはなれが散在する青荷温泉は、 ランプの宿として知られる、ひな びた風情の秘湯です。
2001年より通年営業となり、雪の多い冬期間も営業しております。
四つのお風呂「健六の湯」 「・露天風呂」 ・「本館内湯」・「滝見の湯」を、 「ゆったど・じったど」湯巡りしながら、青荷渓谷の豊かな自然を楽しみに「来いへぇ〜!」
ランプ-01
内湯-01
囲炉裏の間-01
帳場
雪の正面玄関
01-健六の湯
02-紅葉の秋から晩秋へ
03-晩秋健六の湯
04そして静寂の冬・・・
静寂の冬
06-よぐきたねし

所在地 〒036−0402
青森県黒石市大字沖浦字青荷沢滝ノ上1の7
пF0172-54-8588 Fax:0172-54-2655
公式サイト: http://www.yo.rim.or.jp/~aoni/

宿泊施設
本館・水車館、離れ三棟 全和室、宿泊人数:100人
(浴衣・タオル・ハブラシの用意あり)
風呂(四ヶ所)
健六:(男女別) 
本館内湯:
(男女別) 
滝見の湯:(男女別)
露天風呂:(混浴:レディース・タイム有)

最新情報

Web版 青荷便りです。
ランプの宿青荷温泉の今日この頃を感じてけぇ〜・・・・

”津軽弁” ( ほらぁ、出だべぇ〜!
発音・イントネーションは帳場で聞でけぇ〜
)
 ←マウスを乗せると・・・

スキーの後の湯っこさ入りに来いへぇ〜 ・・・ (3/16)

青森ゴジラ

 シン・ゴジラならぬ“八甲ゴジラ”現る ・・・ 

 ここの所ちょくちょく春らしい日差しが差し込む青荷周辺の山々・・・

 青荷の山道も、アスファルトの露出が増えるなど春気分をそそり、青荷除雪隊も今はホッと一息。

 昔の人曰く、この時期降る雪は”雪消しの雪・・・”だそうで雪が降るたびに雪かさが減っていく時。湿り気のある雪がこれまで降り積もった雪を溶かしていくと言う事なのだろう。

 この頃ともなるとジッとしていられないのが山岳スキーを楽しむスキーヤー。
 真冬とはまた違う空気と雪質に解放感が倍増と言う事らしい。

 八甲田の樹氷には様々な顔がある。

 つい先日、地元スキーヤーの目撃によると、八甲田ロープウェーの山頂で10人程の外国からの観光客が樹氷前で大はしゃぎ。

  「そんなにはしゃいでると樹氷に飲み込まれるぞ!」と思うくらい大きい声で笑いこけていたそうだ。

 なるほど「これならそうだ、ゴジラ出現だ!」と思える写真を見せてくれたのがこの一枚。(上)

 さぁ〜、その春スキーはこれからゴールデンウィークまでがベストシーズン。

 スキーで疲れた体は「青荷の湯っこが一番!」
 予約待ってるよぉ〜!!

 青荷樹木も八甲田の樹氷も春気分!

  • 樹木の隙間から覗く「櫛ヶ峰」
  • のめくり坂のスガマ
  • 健六の湯
  • 雪崩れ
  • 八甲田の樹氷-1
  • 樹氷もご挨拶
  • 樹氷-3
  • 樹氷-4
  • ページトップへ