ランプの宿「青荷温泉」とは・・・

開湯 昭和4年、秘境青荷渓谷の渓流沿いに本館と3棟のはなれが散在する青荷温泉は、 ランプの宿として知られる、ひな びた風情の秘湯です。
2001年より通年営業となり、雪の多い冬期間も営業しております。
四つのお風呂「健六の湯」 「・露天風呂」 ・「本館内湯」・「滝見の湯」を、 「ゆったど・じったど」湯巡りしながら、青荷渓谷の豊かな自然を楽しみに「来いへぇ〜!」
ランプ-01
内湯-01
囲炉裏の間-01
帳場
雪の正面玄関
01-桜咲く春
02-桜(ソメイヨシノ)
03-新緑から深緑へ
04-山桜
05-渓底の青荷温泉
06-そして紅葉の秋
07-青荷紅葉
08-よぐ来たねし ランプの宿青荷温泉
08-只今営業中

所在地 〒036−0402
青森県黒石市大字沖浦字青荷沢滝ノ上1の7
пF0172-54-8588 Fax:0172-54-2655
公式サイト: http://www.yo.rim.or.jp/~aoni/

宿泊施設
本館・水車館、離れ三棟 全和室、宿泊人数:100人
(浴衣・タオル・ハブラシの用意あり)
風呂(四ヶ所)
健六:(男女別) 
本館内湯:
(男女別) 
滝見の湯:(男女別)
露天風呂:(混浴:レディース・タイム有)

最新情報

Web版 青荷便りです。
ランプの宿青荷温泉の今日この頃を感じてけぇ〜・・・・

”津軽弁” ( ほらぁ、出だべぇ〜!
発音・イントネーションは帳場で聞でけぇ〜
)
 ←マウスを乗せると・・・

「日帰り特別プラン」始まってらよぉ〜・・・ (5/16)

  • 雷山から見る八甲田「櫛ガ峰」
  • 新緑越しの「岩木山」と津軽平野
  • 駐車場に在るポンプ小屋
  • 桜満開の「健六の湯」
  • 桜越しの「幻渓楼」
  • 桜とつり橋
  • 桜のかんざしをする「竜が滝」
  • 新芽のぞく青荷渓流
  • 青荷渓流とキクザキイチゲ
  • 新緑越しの「離れ三棟」
  • 山の桜っこも終盤迎える青荷の山々 ・・・ 

     ここ数日、好天の続く青荷温泉。

     宿周辺の雪はすっかり消え、北斜面の日陰や八甲田連邦の山頂、そして岩木山の山頂周辺を残すだけとなった青森の春。

     里の桜に対し一月近くも遅れて咲く山桜も、ボチボチ終盤を迎えたようで、色合いがだいぶくすんで来たようだ。

     それに代わり、これまで冬眠中の樹木が一斉に新芽を出し、ブラウンからフレッシュグリーンへと染まり始めてきたここ青荷温泉。

    ”「あぎのもみぢもえばって、おらだばこのはるのめぶぎ、いぢばんすぎだ!」” ( あぎのもみじもえばって=秋の紅葉もいいけど
    おらだば=私なら
    はるのめぶぎ=芽吹き
    いぢばんすぎだ=一番好き
    この場合「秋の紅葉もいいけど、
    私だったらこの春の芽吹きが一番好き!」
    )

     ・・・と言う、地元常連さんも結構いる。

     そんな青荷の「令和新緑」、味わいに来いへぇ〜。

     温泉の湯っこ、ずっぱど貯めで待ってるよぉ〜!!!

     やってらよぉ〜、津軽三味線生演奏 

     春から秋にかけ毎週金曜日、地元奏者による津軽三味線の迫力ある生演奏。

     今年も春から津軽民謡の代表曲「津軽じょんから節」などの生演奏を披露、「他とはちょっと”ツガルなぁ〜”」と感じる時間を提供しています。

     ※ 毎週金曜日、地元奏者による生演奏ですが、演奏者の都合によりお休みをする時が有ります、ご了承ください。

    ★ 青荷の四季 Four seasons of the "Lamp no yado Aoni Onsen"

    津軽三味線生ライブ終了のお知らせ

     11月3日(金)をもって津軽三味線生ライブは終了となり、冬期間はお休みとなります。
    来春からまた予定しております、ご期待ください。

     ★ ご予約はこちらもご利用いただけます

    オンライン予約はこちらもご利用できます

    PAGE TOP