ランプの宿「青荷温泉」とは・・・

開湯 昭和4年、秘境青荷渓谷の渓流沿いに本館と3棟のはなれが散在する青荷温泉は、 ランプの宿として知られる、ひな びた風情の秘湯です。
2001年より通年営業となり、雪の多い冬期間も営業しております。
四つのお風呂「健六の湯」 「・露天風呂」 ・「本館内湯」・「滝見の湯」を、 「ゆったど・じったど」湯巡りしながら、青荷渓谷の豊かな自然を楽しみに「来いへぇ〜!」
ランプ-01
内湯-01
囲炉裏の間-01
帳場
雪の正面玄関

所在地 〒036−0402
青森県黒石市大字沖浦字青荷沢滝ノ上1の7
пF0172-54-8588 Fax:0172-54-2655
公式サイト: http://www.yo.rim.or.jp/~aoni/

宿泊施設
本館・水車館、離れ三棟 全和室、宿泊人数:100人
(浴衣・タオル・ハブラシの用意あり)
風呂(四ヶ所)
健六:(男女別) 
本館内湯:
(男女別) 
滝見の湯:(男女別)
露天風呂:(混浴:レディース・タイム有)

最新情報

Web版 青荷便りです。
ランプの宿青荷温泉の今日この頃を感じてけぇ〜・・・・

”津軽弁” ( ほらぁ、出だべぇ〜!
発音・イントネーションは帳場で聞でけぇ〜
)
 ←マウスを乗せると・・・

お盆休みは青荷の渓流さ涼みに来いへぇ〜 ・・・ (7/16)

  • 深緑に埋もれる露天風呂とふるさと館
  • 敷地内に咲くシナヤマボウシ
  • 敷地内に咲く野草(ドクダミ)
  • 木漏れ日の反射する青荷渓流
  • 咲き始めたアジサイ
  • グッと水量を減らした青荷渓流
  • カタツムリも野草の上でお昼寝
  • ふるさと館前の可憐な姿
  • ホタル池に咲くハス
  •  夏日・真夏日続く青荷温泉 ・・・ 

     九州地方では大雨による被害多発とのニュースでお見舞い申し上げます。

     そんな中、ここ青荷温泉は7月に入りまともな雨は1・2日で、農家にとっては困るほどの日照り続き。

     大地にどっかり根を下ろす周辺の木々もぐったりの感じで、青荷までの山道の草花はうつむき加減?、

     ・・・そんな書出しで始まるはずの今回の更新、この記事を盗み見でもしたように、Up直前に降り出した雨。

     降り方としては程よい降りかたで、樹木・草花も口を揃えて ”「さっぱどしたじゃ!」” ( 「さっぱどしたじゃ!」=さっぱりした ) ・・・と大喜び。

     そんな暑さの中一役買ってくれるのが「青荷川」。

     本館すぐ横を流れるこの青荷渓流は天然のエアコン、青荷の奥山“櫛ヶ峰”から流れ出、途中の沢水を集めて真夏の涼を届けてくれる“感謝感謝の”有難い渓流だ。

     本館内の帳場から奥出口へ通じる廊下は、まさに天然エアコンの賜物!

     そんな“青荷の涼”体感しに来いへぇ〜、
           さっぱどす湯っこで待ってるよ〜!

     

       只今当温泉の脇を流れる「青荷川」の護岸工事が行われております。
     お客様には大変ご不便をお掛け致しますがご了承ください。

     

    離れ裏に咲くシオン

     深緑に埋もれる露天風呂とふるさと館 ・・・

    ページトップへ
    オンライン予約はこちらからどうぞ