ランプの宿「青荷温泉」とは・・・

開湯 昭和4年、秘境青荷渓谷の渓流沿いに本館と3棟のはなれが散在する青荷温泉は、 ランプの宿として知られる、ひな びた風情の秘湯です。
2001年より通年営業となり、雪の多い冬期間も営業しております。
四つのお風呂健六の湯露天風呂本館内湯滝見の湯を、 「ゆったど・じったど」湯巡りしながら、青荷渓谷の豊かな自然を楽しみに「来いへぇ〜!」

所在地 〒036−0402
青森県黒石市大字沖浦字青荷沢滝ノ上1の7
пF0172-54-8588 Fax:0172-54-2655
公式サイト: http://www.yo.rim.or.jp/~aoni/

宿泊施設
本館・水車館、離れ三棟 全和室、宿泊人数:100人
(浴衣・タオル・ハブラシの用意あり)
風呂(四ヶ所)
健六:(男女別)  本館内湯:(男女別) 滝見の湯:(男女別)
露天風呂:(混浴:レディース・タイム有)

ランプの宿
青荷温泉の四季、
楽しみに来いへぇ〜

予約状況について

 旅行会社様で満室の時でも、 こぢの方で部屋っこ空いでる時も あるはんで、電話っこで確認してけの〜

пF0172-54-8588

最新情報

Web版 青荷便りです。
ランプの宿青荷温泉の今日この頃を感じてけぇ〜・・・・

涼みに来いへぇ〜    ・・・・・・ (8/18)

正面玄関先の打ち水 お盆休みも終盤、Uターンの中・・・

 せっかくのお盆休み、我先にと海外へ飛び出す人、ご先祖様の墓参りする人とさまざま。

 また、西日本を中心にふたたび大きな災害のニュース飛び交う今年のお盆。

 里の黒石市内では「黒石よされ祭り」が今さなか・・・・・・・

 そんな中、幸いここ青荷温泉は荒れた天候もなく静かにお盆入り。

昆虫 お盆休みを利用の家族連れのお客さん。
 「○○ちゃん、また外へ出たの?」
 「また変なの捕まえて来るんじゃない?」

 世のお母様方とお子様達とは、温泉旅行の楽しみ方に違いがあるようだ!

 さぁ〜、夏休みもあどわんつか
 夏休み最後の家族サービスは、青荷の湯っこさつで来いへぇ〜

   予約はもしもし電話っこ 0172-54-8588

 

始まったよ〜、黒石のネプタっこ ・・・・・・ (8/1)

黒石ネプタ ヤ〜レ・ヤ〜レヤ〜の掛け声で、県内の先陣を切ったのは黒石ネプタ。

 この黒石ネプタっこ・・・

 青森・弘前等のネプタと大きく違うのは、何と言っても地元住人の手作りのネプタだと言うところ。

青荷渓流 青森などは特にそうだが、多くが大手企業のスポンサーにより制作・運行されるが、黒石は各地域の町民が主体。
 それぞれの町内会の人たちが数か月かけて制作する味のある、「ネプタっこ」だ!!

 参加台数も多く、今年も60台以上とか?

 ネプタっこ観で、あずまし湯っこさ入って、津軽はいいなぁ〜

 おとちゃ、おかちゃ、子供の夏休みは
  ”瀬音とセミの声”の生ライブ、聞がへに来いへぇ〜!!

 

お得な2つプラン・・・・・・

露天風呂 青荷温泉のお得なプラン、
 「やすらぎプラン」、「日帰りプラン」有るよぉ〜。

 「やすらぎプラン」内訳
 2泊3日7食付きで14,000円
 詳しくはこちら→Go

 「日帰りプラン」内訳
 入館料520円+選べる定食1296円のセット
 詳しくはこちら→Go

いずれも電話っこで申し込んでけぇ〜  0172-54-8588

 夏の日を浴びて汗っこかいだら、青荷の湯っこさ来いへぇ〜

夏真っ盛り・・・青荷温泉

健六の湯


渓流対岸から観る「健六の湯」


静かに流れる青荷渓流


青荷渓流-2
青荷渓流-3
トンボ

日帰りの方、こんな昼食メニューあるよぉ〜!!

お昼の献立 詳細はこちら

(大広間使用可) 入館料

食事

入館料(入浴込) 520 なし 520
川菜定食 520 1,296 1,816
釜めし定食 520 1,296 1,816
山川定食 520 2,160 2,680
青荷定食 520 3,240 3,760
ページトップへ