ランプの宿「青荷温泉」とは・・・

開湯 昭和4年、秘境青荷渓谷の渓流沿いに本館と3棟のはなれが散在する青荷温泉は、 ランプの宿として知られる、ひな びた風情の秘湯です。
2001年より通年営業となり、雪の多い冬期間も営業しております。
四つのお風呂「健六の湯」 「・露天風呂」 ・「本館内湯」・「滝見の湯」を、 「ゆったど・じったど」湯巡りしながら、青荷渓谷の豊かな自然を楽しみに「来いへぇ〜!」
ランプ-01
内湯-01
囲炉裏の間-01
帳場
雪の正面玄関

所在地 〒036−0402
青森県黒石市大字沖浦字青荷沢滝ノ上1の7
пF0172-54-8588 Fax:0172-54-2655
公式サイト: http://www.yo.rim.or.jp/~aoni/

宿泊施設
本館・水車館、離れ三棟 全和室、宿泊人数:100人
(浴衣・タオル・ハブラシの用意あり)
風呂(四ヶ所)
健六:(男女別) 
本館内湯:
(男女別) 
滝見の湯:(男女別)
露天風呂:(混浴:レディース・タイム有)

最新情報

Web版 青荷便りです。
ランプの宿青荷温泉の今日この頃を感じてけぇ〜・・・・

”津軽弁” ( ほらぁ、出だべぇ〜!
発音・イントネーションは帳場で聞でけぇ〜
)
 ←マウスを乗せると・・・

ゴールデンウィークは青荷の湯っこで ・・・ (4/16)

  • 青荷渓流-01
  • 幻渓楼から覗く本館
  • つぼみ
  • 芽吹き
  • フクジュソウ
  • 本館横を流れる渓流
  • 残雪の十方堂
  • 露店風呂と本館
  •  日向と日陰、芽吹きと残雪 ・・・・・・ 

     ここ2日ほどは寒さを感じるものの、4月に入ってからの暖気に周辺の雪も一気に融けだした青荷温泉。

     ガッパリ雪に覆われていた日陰の青荷渓流も恥ずかしそうに面っこ出してごあいさつ。

     この時期は日向と日陰では残雪の状態が極端に違う時。

     昨年のG・W時、宿泊のお客さん「まだ雪があるんですね!」と雪を見て感激のお話。
     それもそのはず、どうやら沢の日陰、それも滑り落ちて積み重なる雪を見つけたらく、思わぬ残雪発見に大喜び。

     その国民あげてのお祭り「ゴールデン・ウィーク」まで ”あどワンツカ!” ( あどワンツカ!=あと少し )

     ランプの灯しっこ点けで待ってるはんで、青荷のあづまし湯っこさどっぷど浸かりに来いへぇ〜!

     

    ★ 旅行会社さんやインターネット業者さんに提供している部屋以外にも部屋があります。まずは電話してみてください。待ってるよぉ〜!
     電話:0172-54-8588

    今日から四月、バッケも面っこ出したよ〜 ・・・ (4/1)

     春に向かう青荷温泉・・・

     関東方面では桜の開花の声が聞かれる中、ここ青荷温泉の山々はまだまだ。

     一頃よりはグッと少なくなった山道の回廊も、まだちょっと分厚い感じ。

     そんな雪の中からひょっこり顔を出しているのが“バッケ”
    “フキノトウ”を津軽では“バッケ”と言い、春一番を告げる。

     そのバッケが出る四月ということで、大事な知らせっこ!

     青荷温泉では四月1日から夏期料金での営業となります。

     詳細

     料金:大人:9,870円(一泊2食付・税込)

     シャトルバス送迎本数及び時間はこちらをご覧ください。→

     アクセスに関しては自家用車での来館は可能となりますが、当面の間はまだ雪が多く道幅も狭いため、当日必ず事前に連絡のうえ確認してください。

     また車両も「四駆にスッタッドレス」は必須、対面交差は数か所にある待機場所での交差となります。

     当分の間は事前に電話で連絡・確認してください。

     さぁ〜、ゴールデンウィークは青荷の湯っこさ浸かりに来いへぇ〜!!

     谷間で日陰の青荷渓流もひょっこり面っこ出してご挨拶!

    残雪の青荷渓流

    ページトップへ