ランプの宿「青荷温泉」とは・・・

開湯 昭和4年、秘境青荷渓谷の渓流沿いに本館と3棟のはなれが散在する青荷温泉は、 ランプの宿として知られる、ひな びた風情の秘湯です。
2001年より通年営業となり、雪の多い冬期間も営業しております。
四つのお風呂「健六の湯」 「・露天風呂」 ・「本館内湯」・「滝見の湯」を、 「ゆったど・じったど」湯巡りしながら、青荷渓谷の豊かな自然を楽しみに「来いへぇ〜!」
ランプ-01
内湯-01
囲炉裏の間-01
帳場
雪の正面玄関
01-健六の湯
02-紅葉の秋から晩秋へ
03-晩秋健六の湯
04そして静寂の冬・・・
静寂の冬
06-よぐきたねし

所在地 〒036−0402
青森県黒石市大字沖浦字青荷沢滝ノ上1の7
пF0172-54-8588 Fax:0172-54-2655
公式サイト: http://www.yo.rim.or.jp/~aoni/

宿泊施設
本館・水車館、離れ三棟 全和室、宿泊人数:100人
(浴衣・タオル・ハブラシの用意あり)
風呂(四ヶ所)
健六:(男女別) 
本館内湯:
(男女別) 
滝見の湯:(男女別)
露天風呂:(混浴:レディース・タイム有)

最新情報

Web版 青荷便りです。
ランプの宿青荷温泉の今日この頃を感じてけぇ〜・・・・

”津軽弁” ( ほらぁ、出だべぇ〜!
発音・イントネーションは帳場で聞でけぇ〜
)
 ←マウスを乗せると・・・

特別プラン「雪の降るさと2017」の知らせっこ ・・・ (1/16)

イベントポスター

 「雪の降るさと2017」さ参加さねがぁ(しませんか)!!

 青荷温泉のふもと「津軽伝承工芸館」で行われる冬のイベント「雪の降るさと2017」
 会場には雪だるまが有ったり、雪のすべり台が有ったりと、様々なイベント盛りだくさん。

 青荷温泉ではこの「雪の降るさと2017」に協賛し、2月4日のオープニングナイトイベントにお連れする特別プランを企画しました。

 日時は下記の通りで、お申し込みは必ず電話でご予約お願いします。
 青荷温泉пF0172-54-8588

  • 平成29年2月4日
  • 料金:12,030円(一泊二食付・税込)通常料金と同じです
  • 青荷温泉発17:20 津軽伝承工芸館着17:50
  • 伝承工芸館発19:40 青荷温泉着20:10
  • (夕食、冬花火や千本ロウソクなどでお楽しみ下さい)

 「雪の降るさと2017」はこちらのポスターをご覧ください・・・→Go・go・go

雪のつぶやき、聞きに来ねがぁ〜 ・・・・・・ (1/10)

 外灯

 外灯も思わずほぺたっこ抑えて「わ〜めぐせじゃ、あまり見ねでぇ!」

 冬至も過ぎ少しずつ陽が長くなって来たとは言え、まだまだ夜明けが遅い青荷温泉。

 それでもこの季節は雪の白さが周りをうっすらと明るくしてくれ、外灯のわずかな灯りが、より頼もしく見える季節でもある。

夜明け直前の青荷の谷間。一日で一番寒い明け方の時間帯、明るい街灯をジッと見ていると・・・・・・

  ”「わ〜めぐせじゃ、あまり見ねでぇ!」 ” ( めぐせじゃ=恥ずかしい
見ねでぇ!=見つめないで!
)

 ・・・って、頬ぺたっこ押さえて喋ってあった!

 そんなふうにつぶやく青荷の雪景色、観に来いへぇ〜!!

  • 外灯-1
  • 健六の湯
  • のめくり坂
  • 本館
  • 露天風呂
  • 離れ
  • 外灯と幻渓楼
  • 外灯に照らされる露天風呂
  • ★ 新しい橋の名前募集 ・・・ (12/5)

    青荷新橋

     本館と離れを結ぶ青荷の吊り橋に、名前っこ付けねがぁ・・・

     これまでの橋の老朽化に伴い、架け替え工事をしていた吊り橋。その吊り橋がようやく完成、11月23日には開通式も終えホッと一安心。
     そこで、この新しい橋の完成を記念して
     「お客さん方さ名前っこ付けでもらえば”えぐねべが?” ( えぐねべが?=
    良いんじゃないだろうか?
    」という事になりました。

     そこで、下記の要項で橋の名前を募集しますのでふるってご応募ください。

    1. 橋の名前
    2. 応募者氏名
    3. 住所
    4. 電話番号

     応募方法は上記四つを記入の上、「はがき」又は「FAX」でご応募ください。
     締切:1月31日  採用された方にはペア宿泊券を差し上げます。

     送り先:〒036-04102 
          青森県黒石市大字沖浦字青荷沢滝ノ上1の7ランプの宿「青荷温泉」宛て
           FAX:0172-54-2566

     さぁ〜、歴史と青荷の橋に名を刻もう!!

    ページトップへ