ランプの宿「青荷温泉」とは・・・

開湯 昭和4年、秘境青荷渓谷の渓流沿いに本館と3棟のはなれが散在する青荷温泉は、 ランプの宿として知られる、ひな びた風情の秘湯です。
2001年より通年営業となり、雪の多い冬期間も営業しております。
四つのお風呂「健六の湯」 「・露天風呂」 ・「本館内湯」・「滝見の湯」を、 「ゆったど・じったど」湯巡りしながら、青荷渓谷の豊かな自然を楽しみに「来いへぇ〜!」
ランプ-01
内湯-01
囲炉裏の間-01
帳場
雪の正面玄関
01-健六の湯
02-紅葉の秋から晩秋へ
03-晩秋健六の湯
04そして静寂の冬・・・
05-露天冬
06-よぐきたねし
07-ランプの宿青荷温泉
08-ただ今冬期営業中

所在地 〒036−0402
青森県黒石市大字沖浦字青荷沢滝ノ上1の7
пF0172-54-8588 Fax:0172-54-2655
公式サイト: http://www.yo.rim.or.jp/~aoni/

宿泊施設
本館・水車館、離れ三棟 全和室、宿泊人数:100人
(浴衣・タオル・ハブラシの用意あり)
風呂(四ヶ所)
健六:(男女別) 
本館内湯:
(男女別) 
滝見の湯:(男女別)
露天風呂:(混浴:レディース・タイム有)

最新情報

Web版 青荷便りです。
ランプの宿青荷温泉の今日この頃を感じてけぇ〜・・・・

”津軽弁” ( ほらぁ、出だべぇ〜!
発音・イントネーションは帳場で聞でけぇ〜
)
 ←マウスを乗せると・・・

★ 重い雪降る青荷の谷間 ・・・ (2/15)

  • genkeiro
  • aonigawa
  •  春先のような重たい雪 ・・・

     先週まではグッと寒かった青荷の谷間。

     オリンピック開会の熱気を浴びたのか、突然“緩んだ雪”の降り始めた青荷温泉。

     湿った雪に周辺の木々も “なんぼ もでばぁ!” ( なんぼ=なんと・どれだけ
    もでば!=重い!
    この場合=なんと重いんだ!
    )
     と、ググッと頭を垂れるありさま。

     五月の連休時には華麗な花吹雪を見せる本館裏の桜の木、ここ数年この湿った重たい雪に枝を落され、今ではだいぶ痩せてきたようにみられる。

     頭を垂れる木を見て社長曰く、
    「この雪の中わざわざ来てくれたお客様に、感謝の気持ちで頭っこ下げでるん!」
    ・・・だそうだ、見習わなければ。

     テレビは無いけど、そんな謙虚な気持ちっこで五輪選手の応援し、お客様をお迎えします。

     そんな青荷の湯っこさ入って応援さねがぁ、湯っこ暖めて待ってるよぉ!

     

      冬期間の宿へのアクセスについて ・・・

     積雪のある冬期間は国道102号線から宿までの山道が一般車両通行止めとなります。(道幅が狭くなり、対面通行が出来なくなります)
    それに伴い、自家用車は麓の「虹の湖公園駐車場」へ置いて頂き、当社シャトルバスに乗り換えのうえ、宿まで来て頂く事になります。 

     また、日帰り入浴の場合も送迎バスでのご来館となりますので、必ず事前に予約、連絡をお願いいたします。

     (勝手に車っこで来ても ”まいね、まいね!!”まいね=だめ、だめ!) )

       電話はこちら пF0172-54-8588

    冬期間の時刻表です。

    (12月1日〜3月31日まで)

    「虹の湖」発 「青荷温泉」発
    9:00 8:20
    10:00 9:20
    11:00 10:30
    14:00 13:20
    15:00 14:20
    16:00  

     

     ★  「青荷温泉」冬編 Winter in Aoni Onsen

    ページトップへ

    津軽三味線生ライブ終了のお知らせ

     11月3日(金)をもって津軽三味線生ライブは終了となり、冬期間はお休みとなります。
    来春からまた予定しております、ご期待ください。

     ★ ご予約はこちらもご利用いただけます

    オンライン予約はこちらもご利用できます