★ 所在地
住所 青森県黒石市大字沖浦字青荷沢滝ノ上1の7
電話 0172-54-8588
Fax 0172-54-2655
H・P http://www.yo.rim.or.jp/~aoni/
★ 宿泊施設
部屋数: 32部屋(全和室) (浴衣・タオル・ハブラシの用意あり)
(各部屋に浴室はありません)(部屋の風呂・テレビ・コンセント等無し)
宿泊人数: 100人
宴会場: 大広間(52畳) 食事はこの大広間となります。 夕食時間:18:00〜  朝食時間:7:30〜
囲炉裏の間(16畳)
★ その他
駐車場: 有り (冬期間は麓の「虹の湖公園駐車場」に車を置き、青荷シャトルバスで宿までの送迎となります)

 宿泊施設をイメージを中心に紹介します。


 ★ 宿泊のメインはここ「本館」




  本館大広間からは渓流美を・・・


 

 ★ 本館内部・・・

 
  ★ 今ではフロントだがここでは相変わらずの帳場
 

 

 


 ★ ねぷたのクレパス画とたこ絵の玄関
 
   天井にはたくさんのランプを吊るし
   周りにはタコ絵・クレパス画を飾る玄関
 

 

 


 ★ 囲炉裏の間
 
  
   真ん中に大きな囲炉裏をデンと据えた部屋

   旅の思い出を語るのはここで・・・

 

 


 ★ 大広間

   朝夕の食事はここ大広間で

   夕食時の暗闇も、目が慣れてくるとランプの明かりで情緒いっぱい・・・

   思い出の一コマ間違いなし!

 


 ★ 水車館内部
 
   本館から廊下づたいにある水車館

   この廊下前方には内風呂がある・・・


 ★ ランプ小屋

   今は専用のこのランプ小屋で管理

   毎日200個近くの
ランプの手入れはここ!!


 はなれ三棟 「団体向け」


★ 本館裏手、青荷渓流の対岸にある三棟の別棟。

名付けて「ふるさと館」「幻渓楼」、そして「十方堂」

どちらかと言うと大人数の団体にお勧め。

ランプのあがしっこ(外灯)灯けで 待ってらよ・・・・・・・・


 

 ★ 離れ各棟・・・

   1) ふるさと館
 
 つり橋を渡ると、 すぐ左にある「ふるさと館」。

 部屋は廊下を挟み、 ふすまで仕切られた4部屋。
 東に龍神の滝、 西に本館とはなれを結ぶ つり橋を観る。

 昔ながらの屋根に白壁の造りが、郷愁を誘う・・・
 スッポリ緑に包まれた「ふるさと館」、入り口には昔懐かしの農具  

2) 幻渓楼

「露天風呂」を右にしてまっすぐ奥、
山の斜面がすぐ後ろに迫る「幻渓楼」。

山小屋をイメージした造りで、 一階が12畳、ニ階が14畳の 2部屋からなる。

露天風呂の奥、一段高みにある「幻渓楼」は、
新緑のブラインド越しに観ると何とも爽やか   

 

 3) 十方堂 吊り橋を渡り、左手奥にある「十方堂」

玄関から入ると左右に2部屋ずつ。

それぞれのふすまで仕切られ、部屋から眺める
「青荷川」と裏手の「竜神の池」の風情は、これまた格別・・・・
 

 

宿 泊 料 金    

4月〜9月まで(平日)  一泊2食付 大人一人:9,870円(税込)から
★休前日及び特日 一泊2食付 大人一人:10,950円(税込)から
10月〜翌3月末日まで(平日) 一泊2食付 大人一人:10,950円(税込)から
★休前日及び特日 一泊2食付 大人一人:12,030円(税込)から

※食事は大広間での食事となります。 
   ※(宿泊後の時間延長可 +1,000円で13:30まで 当日の状況にもよりますので事前に連絡・確認をお願いします)

 夕食18:00〜 朝食7:30〜
 (旬の山菜・川魚等、山の幸を中心とした料理!!)

※キャンセル料について

  • 当日100%
  • 前日から3日前50%
  • 4日まえから7日前20%

※ クレジットカードは利用できません。

日帰り・立ち寄り入浴  

 入館・出館時間 10:00〜15:00 
 (冬期間の来館は青荷シャトルバスでのみとなる為、送迎時間に準じます)

 ※ 「お昼のお食事メニュー」 

お昼の献立 入館料 食事
 
入館料(入浴込) 520 なし 520
(A) 青荷定食 520 3,240 3,760
(B) 川菜定食 520 1,296 1,816
(C) 釜めし定食 520 1,296 1,816
(D) 山川定食 520 2,160 2,680

飲み物も格安で揃えでらよ〜

※ 飲み物各種

りんごジュース 220円 日本酒 378円
ビール(ビン・中) 470円 生ビール 540円
  その他、飲み物各種あるよぉ〜

PAGE TOP