Home

ランプの宿青荷温泉公式サイト

English
青荷温泉Topイメージ

よぐきたねし 秘湯ランプの宿 青荷温泉

ランプ-01
内湯-01
囲炉裏の間-01
正面玄関-02

ランプの宿「青荷温泉」とは・・・

 開湯 昭和4年、秘境青荷渓谷の渓流沿いに本館と3棟のはなれが散在する青荷温泉は、 ランプの宿として知られる、ひな びた風情の秘湯です。
2001年より通年営業となり、雪の多い冬期間も営業しております。
四つのお風呂健六の湯 ・露天風呂 ・本館内湯・滝見の湯を、 「ゆったど・じったど」湯巡りしながら、青荷渓谷の豊かな自然を楽しみに「来いへぇ~!」

所在地

〒036-0402
青森県黒石市大字沖浦字青荷沢滝ノ上1の7
Tel:0172-54-8588
Fax:0172-54-2655
公式サイト:
http://www.yo.rim.or.jp/~aoni/
宿泊施設:
本館・水車館、離れ三棟 全和室、宿泊人数:100人
(浴衣・タオル・ハブラシの用意あり)
風呂(四ヶ所)
健六:(男女別)  本館内湯:(男女別) 滝見の湯:(男女別)
露天風呂:(混浴:レディース・タイム有)

青荷温泉のお得なプラン

このプランは青荷温泉独自のプランで、各旅行業者様のプラントとは別ですのでご了承ください。
また、ネット上での空室状況の各社違いが有りますが、これは「各社への割り当分が満室」と言う事です。正確な空室状況は直接電話で当温泉へご確認してください。
すぐ電話:0172-54-8588

● 日帰りプラン

★ 日帰り入浴プラン 1,300円(税込)
期間:通年

★ 日帰り手ぶらプラン 3,500円(税込) 時間:10:00~13:30
 期間:8月19日~10月14日まで

 

● 宿泊プラン

★ やすらぎプラン (宿泊) 2泊で 14,000円(税込)
期間:8月21日~9月30日

祝・休前日は利用できません。

各種プラン詳細はこちら・・・→

★事前に電話で予約申し込みください。

予約状況について!!

 旅行会社さんやインターネット業者さんに提供している分の部屋が満室・・・と言う事が良くあります。この場合でも青荷温泉(当社)の空室ありと言う事が多々あります。まずは直接電話で確認してみてください。
(現在通信環境の関係で当社自身でのネット予約はおこなっておりません)
問合せ:0172-54-8588

各旅行業者様他、こちらも利用できます。
宿 研

PCサイトへ

最新情報 Web版青荷便り

ランプの宿 青荷温泉の
今日この頃を感じてけぇ~

咲いで来たよぉ~、秋の花っこ (9/16)

  • 健六の湯
  • 露天風呂と離れ
  • シュウメイギクに見守られる離れ
  • シュウメイギクとランプ小屋
  • 滝見の湯の前
  • ふるさと館と滝見の湯
  • 青荷山道に咲くススキ
  • 健六の前のシュウメイギク
  • 青荷山道に咲き並ぶミゾソバ
  • 青荷山道に咲き並ぶミゾソバ-2
  •   ”この色は津軽弁” ( ほらぁ、出だべぇ~! 枠外タップで消す。
    発音・イントネーションは帳場で聞でけぇ~
    )
     ←タップすると

    紅葉へ向い ジワリ・ジワリと・・・

    九月もなかば、ポツリポツリと咲き始めた秋の花々!

    ここ数日朝夕はグッと涼しくなって来た谷間に在る青荷温泉。

    思わず出るのが  “わぁ~、さびじゃ!” ( わぁ~、さびじゃ!=わぁ~寒い!
    )
    と従業員の一言。

    夜は後片付け、早朝は朝食の支度と、一日の内でも一番気温が低い時間帯での仕事とあって、気合が入る時。

    特に今年の“半端ない”暑さになじんだ後だけに、ことさら身に沁みるこの頃。

    そこで、これからご来館のお客さんに一言、 「肌寒さに備えて、厚手の長袖を一枚持参!」

    今年の猛暑が身に沁みた体には特に感じ方が違い 、涼しさが寒さに、肌寒さが寒い!に感じてしまうのが 人の感覚。

    青荷の湯っこさ  “ぬぐだまりに” ( ぬぐだまりに=温まりに
    )
     来いへぇ~、ホカッと・シャキッとなるよぉ~!

    紅葉ピークは平年10月20日頃だよぉ~!

     

    青荷の四季 Four seasons of the "Lamp no yado Aoni Onsen"

     ★紅葉 ランプの宿「青荷温泉」

     

     ★「青荷温泉」冬編 Winter in Aoni Onsen

     

    よぐ来たねしでお出迎え、へばぁまだ来いへぇでお見送り!
    Copyright(C) AoniOnsen All Rights Reserved.

    Home

    カウンター


    よぐ来たねしでお出迎え、へばぁまだ来いへぇでお見送り!
    Copyright(C) AoniOnsen All Rights Reserved.