468号
2014年3月11日

主な記事のインデックス

 今こそ自治体非正規職員の賃上げを!

 自治体保育労働者の全国集会inおおさか
 江戸川動物園分会初の庁舎前宣伝
[HPトップに戻る]





今こそ自治体非正規職員の賃上げを!
2014年自治体キャラバン


 最低賃金の引き上げに伴い、臨時職員の時給を引き上げる回答が相次いだ、14年自治体キャラバン。しかし実態は最賃の引き上げ率より、自治体の最低時給の引き上げ率は低く、三多摩では時給と最賃額との差がほぼない状態であることが明らかになりました。


正規賃下げの中 非正規時給上げたが…

 自治体と労組で1・2月に開かれる懇談(自治体キャラバン)の回答で、東京都の各区市町村(島しょ部除く)の賃金の実態が明らかになります。
全区市町村の8割に当たる21区・23市・4町で今年度、正規職員の賃金が下げられる中、臨時・非常勤など非正規職員が連動で賃金が下げられたのは7区・2市の2割にとどまり、残る8割で賃下げが食い止められました。
逆に、全体の4割強の8区・15市では、何らかの非正規職員の賃上げが行われました。

最賃にはりつく自治体最低時給

 ここ数年最低賃金がある程度引き上がる中で、自治体の最低時給の増は少なく、最低賃金との差が年々縮まっています。特に三多摩平均では、ほぼ差が無い水準です(下図表参照)。
 非正規職員の賃上げも、最低賃金を下回ったり数円上回る程度になった時給だけを上げた自治体が大半です。

最賃改定時に賃上げ要求 全職種で2.3%増

 中野支部は、昨年10月の最賃引き上げに伴う、区の最低時給860円から880円に引き上がる際に、機敏に区内非正規全員の賃上げの要求書を提出。
団交した結果、10月下旬に非正規全体を2.3%賃上げ(最賃上げ率に同じ)。額で20円〜40円引き上げる成果を得ました。日頃から「官製ワーキングブアをなくすためにも、賃金引上げを」と粘り強く要求して来たことによる成果です。
地域経済底上げでデフレ脱却のためにも賃上げが求められています。自治体の責任が鋭く問われます。【中野】





[このページのトップに戻る]
自治体保育労働者の全国集会inおおさか


 自治体保育労働者が集い、保育の質の向上と処遇の改善を求めて、学び交流する全国集会が2月22・23日の2日間、大阪市内で開かれ、公共一般保育ユニオンから2人が参加しました。参加者のレポートです。


☆自分たちの力で願いを叶えよう

 オープニングで歌われた「この手でつかみたい」のいつかかなえたいこと、人に頼ったりしないで、星に願いっぱなしにしないで、少しずつ…という歌詞にグラグラになりました。
 「そうだその通り自分で自分の思いをかなえていくんだ!そして支えてくれる仲間がいれば力強いね!」
 そんな思いを強く感じさせてくれるオープニングでした。
 そんな中での保育ユニオンの発言は、非正規保育労働者アンケートの集計から見えてきた課題の報告でした。非正規として公立保育園で働く保育士の思い、仕事にやりがいを感じている、園児の事をもっと知りより良い保育をしていくために正規職員とのコミュニケーションをもっと充実させたい、学習したいなど、これまで発信できなかった心の叫びを明らかにした説得力ある内容でした。


☆処遇改善と組織化を

 全国は、臨時の雇用が多く、中断期間(一旦雇用が切られる状態)に起こる様々な問題について悩みが出され、非常勤、嘱託へ身分切り替えの要求をしよう。と提案がされました。
 結成1年目の船橋市、3年目の岡山市、そして保育ユニオンのレポート提案がされました。
 また、おしゃべり会や、「保育ですぐ役立つアイテムプレゼント」を組合員だけに配布するなど、組織化の取り組みも交流しました。
 「要求し続け、少しでも改善されれば嬉しい。環境の良い保育園で働くため、自分を奮い立たせて組合活動をしている」など、率直な意見を出し合い、交流し合いました。
不平等はみんなで怒ろう。パートナーの声を聞き、処遇改善と組織化を進めよう。とまとめられました。



[このページのトップに戻る]
 江戸川動物園分会初の庁舎前宣伝
動物飼育職の専門性を知ってほしい


 江戸川動物園分会は、動物園飼育員の専門性を知らせて、安定して働けるよう訴えるパンフ「ZOO KEEPER」を作成。
江戸川区役所前で3月3日に初めて宣伝しました。
分会の声を紹介します。



 宣伝は超緊張しました。「動物園の組合です」というと、パンフを受けとってくれました。
 正規職員が一人で、他が契約職員という状況は、他の動物園ではあり得ません。
専門職で働いてきた職員を、5年で切ることはおかしいことを、皆さんに知ってもらいたいです。(Aさん)


 受けとって頂けたのでほっとしました。
 動物飼育は専門職です。
財団の「誰でもできる」職業という考え方はやめてもらいたいです。(Bさん)


 職能の発展には、職員の雇用の安定が必要です。動物飼育職は特殊な業界なのでオープンになっていないことを知らせたいです。(Cさん)


 宣伝中に、裁判支援に来て下さった方が声をかけてくれ、がんばろうと思いました。
 動物飼育職の専門性を伝え、動物園と職場環境を良くしたいです。(Dさん)




[このページのトップに戻る]