=====   自治体にはたらくパートの権利手帳   =====
**************************************************************************
[第3章]これだけある公務パートの権利と制度保障
§1  公務パートに権利や制度保障はない?
§2  パートも均等待遇に扱われるのが世界の流れ
§3  公務パートにも労働基準法が適用
§4  一番素敵で強力な権利 それはパートが団結すること、たたかうこと
           労働三権      ●不当労働行為の禁止       ●委託契約でも労働組合に入れる

§5  さまざまにある制度の適用
     @社会保険(厚生年金、政管健康保険)のあらまし
     A雇用保険のあらまし
     B労働災害補償のあらまし
     C年次有給休暇
     D勤務についての決まり
     E生理休暇は請求権です
     F産前産後休暇や妊産婦の権利
     G育児時間
     H育児・介護休業
     I労働安全衛生
     Jパートの税金問題
     K最低賃金法の適用
**************************************************************************
§5  さまざまにある制度の適用

E生理休暇は請求権です

公務パートも生理休暇がとれます。

●パートにも生休を有給で実現
 大阪府高石市のパート保母さんたちです。
  生理休暇1日(毎潮につき)を実現。
  (任用期間1年以上、週4日以上の者)

●無給でも請求すればとれます。
「生理日の就業が著しく困難な場合」であれば、生理休暇が請求できます。「生休をとります」と口頭でいえばよく、診断書などはいりません。たとえ無給でも生休取得を理由に不利益に取り扱うことは許されません。法律上は給与についての定めが無いために、パートは無給扱いとされる場合がまだ多い現状ですが、正規職員は有給扱いであり、母性の保護にまで差を設けるべきではありません。はたらく女性の権利としての生休を取得しながら、みんなで有給化にとりくみましょう。
 生理休暇をとっていない女性の異常妊娠、異常出産の割合は高くなっています。生理休暇を保障させ、母性を保護して元気に働きつづけられる職場にしていきましょう。
 

  [第3章]のトップへ   [最初の目次]へ   都区一般へ    ホームページへ