=====   自治体にはたらくパートの権利手帳   =====
*************************************************************************
[第6章]仲間とともに労働組合へ
§1 はたらくものの権利はたたかってこそ守れる
§2 組合に「入る」「つくる」
    ●個人加盟の組合に入る
§3 ひとりで組合に入るとは? Aさんのばあい
    ●新規に組合(または支部・分会)をつくる
§4 よびかけかけから結成までの手順
    ●これだけは必要なこと
             1 有志による準備会      2 結成の目的=要求の整理     3 よびかけ=組織化
              4 結成大会                  5 結成通告/要求提出/団体交渉
                  加入用紙 / 結成通知 / 要求書 / 団体交渉申入書 
§5 組合活動の基本
    ●日常活動の基本原則
§6 民主的でたたかう労働組合とは
    (1)思想信条の自由守り、要求で団結するのが労働組合
    (2)上部団体の指導援助が必要
    (3)公務パートの強い味方=自治労連

   <自治労連共済制度のご案内
 <各県の自治労連にご相談ください
*************************************************************************

§1 はたらくものの権利はたたかってこそ守れる

 労働者は、賃金を受けとって生活をしていますが、使用者の言いなりになる“賃金ドレイ”では
ありません。日本の人口の7割を占めて、社会的な生産や消費を支える圧倒的多数派、社会の
主人公です。誰もが胸をはって、誇りをもって働きたいと思っています。しかし、納得のいかない
ことがあるからと、一人で当局に文句を言っても相手にされません。それどころか「嫌なら辞めて
もらって結構だ」と、逆にイジメにあいかねません。もしあなたが労働組合員だったら、はなしは
別です。勇気や誇りが、そして仲間があなたを支えてくれます。
 自治労連や都区一般労組は、がんばるあなたを応援します。
                                             挿絵23(働くことの誇り)

§2 組合に「入る」「つくる」

 労働組合は誰でも入れます。誰でもつくれます。
少数でつくっても無駄では?とだれも始めは心配します。
でもあなたの要求は、働くものの共通の心です。それがあるかぎり、かならず仲間は集ってきます。
自治労連の組合の人にぜひ相談してください。

●個人加盟の組合に入る
 組合を今からつくる、といっても私には経験も力もない、とだれも始めは尻ごみしたくなります。
そこで一人でも入れる組合があれば、そんな悩みは捨てて、安心して加入できるでしょう。その
組合の規約や方針を読んで納得がいけば「加入届」を出し、承認されれば組合員になれます。
使用者に届けたり、了解を求める必要はありません。
 公務パートは、全体ではまとまった数になっても、バラバラに散った職場では少人数です。職場
ごとで難しい場合、給食・保母・学童擁護などといった職種別でくくるか、臨職・非常勤などの雇用
形態別でくくることができます。
 個人加盟労組の特徴は、どの職場に一人でいても、組合員として活動できる、一人の要求も組合
がとりあげて交渉する、という、効果的な組織形態だといえます。

§3 ひとりで組合に入るとは? Aさんのばあい
 

        イラスト D
 
 

        イラストE
 
 
 

●新規に組合(または支部・分会)をつくる
 なにごとも、始めは誰かが組合をつくらなければなりません。でも、あなたがこの手引を手にいれたの
は誰からだったのでしょうか? きっと、身近なところに自治労連や地域の労働組合があって、相談にい
つでも乗ってくれる人がいるのだと思います。新しくつくるといっても、その人は同じ自治体のなかですで
にいくつか関連労働者の組織作りをしているのかもしれません。その場合は、組合がもうできているのと
同じようなものです。新たにもう一つ、あなたが入る○○分会を作ろうということになるのですから。
 もし、組合がまわりに全く無いとしたら、ここはひとつあわてず、相談相手といっしょに、セオリー(経験と
法則)通りの計画を進めていくこととしましょう。ここから先は組合作りの手順の手引です。
 
 

      挿絵 24(私たちも組合に入りました)
 
 

                 

  [第5章]のトップへ   [最初の目次]へ   都区一般へ    ホームページへ