=====   自治体にはたらくパートの権利手帳   =====
******************************************************************************
[第6章]仲間とともに労働組合へ
§1 はたらくものの権利はたたかってこそ守れる
§2 組合に「入る」「つくる」
    ●個人加盟の組合に入る
§3 ひとりで組合に入るとは? Aさんのばあい
    ●新規に組合(または支部・分会)をつくる
§4 よびかけかけから結成までの手順
    ●これだけは必要なこと
              1 有志による準備会      2 結成の目的=要求の整理     3 よびかけ=組織化
              4 結成大会                  5 結成通告/要求提出/団体交渉
                   加入用紙 / 結成通知 / 要求書 / 団体交渉申入書 
§5 組合活動の基本
    ●日常活動の基本原則
§6 民主的でたたかう労働組合とは
    (1)思想信条の自由守り、要求で団結するのが労働組合
    (2)上部団体の指導援助が必要
    (3)公務パートの強い味方=自治労連

  <自治労連共済制度のご案内
 <各県の自治労連にご相談ください
*****************************************************************************

§4 よびかけかけから結成までの手順

●これだけは必要なこと
1 有志による準備会
 学習、資料の収集、要求の整理、組合費や規約案の作成、加入のよびかけ方や結成時期の検討、
任務分担などをすすめます。非公然の有志の集まりなら、あまり長期間にならないよう、集中して作業
をすすめるのがよいでしょう。

2 結成の目的=要求の整理
 要求や不満があって組合を作りたいと考えたのですから、まずは要求を旗印にするのが組合の第一
歩です。(結成の際に提出するものですから、あまり先の問題や、未加入労働者が理解しにくい問題は、
次の段階で検討することにして、簡潔明瞭に整理します)

3 よびかけ=組織化
 さあ、いよいよ多数の賛同者をよびかけます。職場で公然と行う場合もありますが、一般的には使用者
や職制に知られないように非公然で行います。職場の状況判断や、支援労組・活動家の方の判断を得な
がら、呼びかけ活動を慎重かつ迅速に集中的に行います。加入申し込み用紙といっしょに、要求や結成
趣旨を呼びかけ文書にしておくことも大切です。

4 結成大会
 呼びかけも一定の段階で集約し、結成大会を開きます。
組合規約や組合費の決定、当面の方針・要求、役員体制(代表者の委員長または分会長は必ず必要で
すが、他のポストや定数は決まりがあるわけではないので、その時の状況に応じて決めればよいでしょう)、
などを確認します。支援の団体にも参加してもらい、激励も受けながら、労働組合の正式なスタートとして
成功させなければなりません。

 結成大会は、一般には次のような順序で行います。
 1、開会
 2、議長、選挙管理委員などの大会役員の選出
 3、結成までの経過報告
 4、規約、組合費などの審議と決定
 5、運動方針(要求案)などの審議と決定
 6、組合役員選挙 
 7、結成宣言の採択
 8、閉会
   (この間に、結成のために支援してくれた仲間から激励の挨拶を受ける、新しく選ばれた役員の
    紹介・決意表明などをおりまぜるとよいでしょう)

5 結成通告/要求提出/団体交渉
 いよいよ公然化(結成通告)です。次のような通知書を作って(例)手渡します。形式は特に決まって
いません。要求書や団交申し入れ書も結成通知と同時に提出することも多く行われています。
  結成大会直後は、特別の事情があってしばらく非公然活動を進める以外は、直ちに結成通告を行い、
要求書の提出と同時に団交申し入れをします。できるだけ上部団体(自治労連や地域代表)にも加わっ
てもらい、不必要なトラブルをさけながら、当局に正当な組合活動を認めさせることが重要です。

   挿絵25  (団体交渉の絵)

  表  (加入用紙)
 
 
 
 

  表  (結成通知)
 
 
 
 

  表  (要求書)
 

  表  (団体交渉申入書)

                

      この頁のトップへ        [第6章]のトップへ   [最初の目次]へ   都区一般へ    ホームページへ