熊野水軍高河原氏

高河原は高川原、高瓦とも書きます。文献には、この三種類が使われています。また、読み方も『たかがはら』と『たかがわら』の二種類があります。
現在、本家は絶えてしまっていますが高河原『たかがはら』だったそうです。
熊野水軍としての高河原氏は、代々紀伊国塩崎荘中湊(現在の和歌山県東牟婁郡古座町及び古座川町)に居住していました。
南北朝時代から伊勢の北畠氏に仕えていましたが北畠氏滅亡後、織田信長、豊臣秀吉、浅野本家に仕えました。
残念ながら現在では本家は絶えており、残っている資料も少なく、不明な点が多いです。
高河原氏の発祥は阿波忌部氏ですが、故城記には『高河原殿、久米平氏、紋立二引龍十文字』との記載が有ったり、紀伊続風土記には『三位中将平惟盛の遺孫にして代々塩崎荘に居住す』とありますので阿波、伊勢、古座と移住をする過程で平氏との関わりを深めて行ったものと思われます。
また、高河原摂津守貞盛の家紋は
角折敷に揚羽蝶でした。
古座町には高河原という地名が、三重県伊勢市には高河原神社(月夜見宮と同敷地内)と言う神社が残っています。 高河原神社の祭神は不明だそうです。
ちなみに、高河原神社のある場所は昔宮川がすぐそばを流れていて、船着き場があったそうです。

現在、高河原、高川原姓を名乗る家は沢山有るが摂津守の子孫と確認がとれる家は少ないです。


高河原摂津守貞盛

伊勢の国司北畠具教に仕える。九鬼氏等、国司の下知に随わず高河原貞盛が先駈けして軍功をあげる。
元亀二年(天正十二年との説もある)、堀内阿房守氏虎は大田荘を押領し被官椎橋新左衛門を佐目城に入れ口室に攻め入った。
貞盛は小山加賀守隆友等近隣の領主に加勢を乞い田原村にて合戦におよぶ。
戦況は堀内勢が優勢に進め、目良一族の下芳養善五郎、三前の小山一族の小山新十郎、同四郎左衛門が深手を負い敗北色が濃くなった。しかし、貞盛の家臣で鉄砲の名手、浅利平六(二一歳)が三町余り離れた所より櫓の上で采配を振るっていた椎橋新左衛門を六匁玉にて打ち倒す。
これにより、形勢は逆転し高河原勢は一挙に攻め入り佐目城を奪う。
これ以後、下里川より南を高河原氏が領有し、東は那智山領となる。浜の宮より東は以前の通り堀内領となる。この戦いを大田佐目の陣(佐部合戦)と云う。
この時の境界が近世に於る奥熊野、口熊野を分ける境界となった。
北畠氏が滅亡後、織田信長の招きにより石山本願寺攻めに参戦し軍功あり。
摂津守を拝命する。
南紀古士伝には摂津守、織田信長の家臣滝川伊予守に属し五幾内にて軍功ありとある。


高河原帯刀家盛

熊野七人侍の一人。
天正一三年豊臣秀長に仕える。一八歳の時、豊臣秀吉に謁見し領地安堵の朱印状を頂戴する。
文禄年中高麗陣の節、小山助之丞隆重、色川兵太夫盛秋と共に堀内阿波守氏虎の隊下として朝鮮に赴く。竹島に於いて軍功あり。太閤秀吉の御感に預かる。
慶長五年関ヶ原の合戦では西軍に属し、暫く浪人する。
その後、浅野長政、長晟に仕える。


高河原小平太喬盛


武辺よきに付き父家盛と共に浅野左京太夫幸長に仕える。
元和元年大阪夏の陣の時、亀田高綱配下で参陣し泉州樫井村にて喬盛の家臣上野金右衛門が大坂方の将淡輪六郎兵衛重政を討ち取る。(『難波戦記』等による。ただじ『亀田大隅守高綱泉州樫井表合戦覚書』には六郎兵衛重政を討ち取ったのは永田治兵衛とされている)
浅野紀伊守長晟が広島に国替えの節、千五百石の石高にて仕える。
その後、故あって暇を乞い古座に帰る。その際、舎弟五郎左衛門定盛は広島に残る。


その後の高河原氏

喬盛の嫡子小左衛門唯盛は古座浦城跡に居住していた所、地士に命ぜられる。子々孫々熊野七人士の一人である。その子孫、兵右衛門貞時は鉛山奉行を命ぜられ、その後家長は代々兵右衛門を名乗っていたが安永二四年頃本家は途絶える。
喬盛の次男、源太夫は一時広島へ行くが、その後大坂に移住する。
また、広島に残った喬盛の弟五郎左衛門定盛の子孫は代々浅野家に仕え塩田奉行を命ぜられ、現在に至る。(ただし、高瓦姓)
余談になるが、喬盛が芸州浅野家を去った後、数年後に大石内蔵助の三男が同じ千五百石で仕官している。


摂津国守部村の高河原氏

文禄三年(1594年)の太閤検地の際、庄右衛門〔摂津守の次男〕、八右衛門、助右衛門の三家がすでに土着していた。
八右衛門は、明治初期にこの地を離れた後、大阪府北河内郡門真村〔大阪府門真市〕に移住し現在に至る。
現在、守部には庄兵衛(庄右衛門)、助右衛門、八右衛門の分家権右衛門が残っている。
家紋は八右衛門(丸におもだか)、庄兵衛(丸に橘)、助右衛門(丸に三つ柏)、権右衛門(丸に扇)です。
尚、江戸時代、守部一帯は旗本佐藤家の所領であった。



高河原氏の調査にご協力下さった方々にこの場をもって御礼申し上げます。





    高河原氏に関する情報やご質問は下記までお願い致します。