FrontPage 新規 編集 検索 一覧 ヘルプ

技術者と政治

[カテゴリ:スーパーエンジニアへの道]

ITスキルスタンダードを知らないエンジニアたち

ここ最近気がつくのが、IT業界にいてさえもITスキルスタンダード(以降ITSS)すら知らない人が多いことだ。
今までIT業界では職種はプログラマ、システムエンジニア、マネージャ程度の分類しかなく、自分のような技術志向の人の位置づけがあいまいだった。
個人的にはSEと名乗るのはおこがましく感じられ、自分のことを技術屋またはシステム屋と呼んでいた。
ITSSが策定されたことにより、ようやく自分の呼び名ができた感じである。
それは「アーキテクト」である。
残念ながらITSS自体がまだ一般に知れ渡っていない状態の中で、アーキテクトという役割を説明するのが難しい状態が続いている。

ノーベル賞をとった田中さんのように自分の進むべき道を知っている人にとっては、昇進というのは過酷な道となってしまう。
それは政治という醜い世界と戦わなければいけないからだ。

最終更新時間:2007年09月04日 22時37分02秒

ページの内容について何かありましたら以下に連絡ください。

上記のメールとドメインを@でつないだものがメールアドレスになります。