FrontPage 新規 編集 検索 一覧 ヘルプ

日記/2007-2-26

今やっているプロジェクトもそうなのだが、プロジェクト管理能力不足が原因で破綻への道をたどるものが多く見られる。
プロジェクトは、現時点での視点で見るのではなく、将来的な視点で効果を考えて行わないといけない。
短期間のプロジェクトでは、ちょっとした判断ミスでも大きな穴となりかねないからだ。

今回のパターンでは、PM の視点でプロジェクトを見なければいけない人間が、目の前にぶら下がっている技術に目がいってしまい周りの状況を把握できていないものである。
自分はこのような状況を「技術によるすり替え」と呼んでいる。

技術的なスキルが高い人ほどこの傾向が強く、プロジェクトという視点に欠けていることが多い。
技術力でカバーすればいいと思っているからだ。
結果としてみたときには、俗人化が起き「誰々さんがいないと」ということになり、負荷がそこに偏っていき何もできなくなっている。

「誰々さんがいないと」というキーワードは、プロジェクト崩壊の入り口にいるという認識を持つべきである。


前回の日記に続き、隣の C# プロジェクト(笑)

過去に「推定無罪」という映画があったが、技術に関しては「推定」は大きな過ちとなる。
推定に時間をかけるならば、実証するべきだと考えるのですが。。。

最終更新時間:2007年09月04日 22時37分09秒

ページの内容について何かありましたら以下に連絡ください。

上記のメールとドメインを@でつないだものがメールアドレスになります。