FrontPage 新規 編集 検索 一覧 ヘルプ

FrontPage

ドラマに関する雑記のページです。


日記

2005-12-9

青春ドラマのプロデューサーとして知られる岡田晋吉さんの著書「青春ドラマ夢伝説-あるプロデューサのテレビ青春日記-」を AMAZON から手に入れて読んでいます。
日本テレビを代表する青春ドラマのいろんな裏話等が書かれていて、青春ドラマ好きにはたまらない内容が満載です。

当初「われら青春!」の先生役に松田優作さんが予定されていたとか、「俺たちの旅」のテーマが「優しさ」など、読んだだけでまた青春ドラマを見たくなってしまうような一冊です。

「太陽にほえろ!」も青春ドラマの分類になるんですね。

「俺たちの旅」は、今年が本当の意味で30年目に当たるんですが、何もなく終わってしまいそうですね。
せめて、日本テレビの青春ドラマが復活してくれないかなー。

2005-12-1

待ちに待った「われら青春!」の再放送を今日から観始めた。
不適切な表現ということで、一部の台詞がカットされているのが残念だ。
「飛び出せ!青春」は、後に北陸放送で放送されていたものを見ていたのだが、「われら青春!」は自分の田舎である石川県では放送されなかったため、今回が始めての視聴になる(と思う)。

青春ドラマを本格的に見始めたのは、北日本放送で放送された「俺たちの旅」だった。
エンディング時の散文詩が印象深かったことと、翌日の北陸地方の大雪が今でも記憶に残っている。

あの散文詩が無かったらこのページを持つことも無かっただろうし、田舎の人間としての生活をしていたと思う。
自分の生き方を決定付けたこの青春ドラマはいつまでも大切にしていきたいと思っている。

2005-11-30

ちょうど一月前に父が他界した。
幼い頃の記憶もあり、父のことはあまり好きではなかったが、今になって、もっと何かしてやれたのではと思いとても後悔している。

実家が借家だったため、いろんな思いを込めて実家を整理してきた。
帰ることが出来る田舎の家が無くなったのだ。
いつか田舎に立ち寄った時、自分達の住んでいたところに知らない誰かが住んでいる。
それを考えただけで、とてつもない淋しさと恐怖を感じる。

 何かをして失敗したことよりも、何もしなかったことを後悔するだろう。

2005-9-14

「俺たちの旅 二十年目の選択」から遅れて10年、専門学校を卒業して今年で20年目となる。
「俺たちの旅」が、その節目を教えてくれ、当時の仲間たちの所在を必死になって探しているが、20年という時の流れはとてつもなく大きなものだと感じた。

それぞれが生活を持っている中、全員で会うという訳にも簡単にいかないという現実を目の前にする。
また、全く所在がわからない仲間もいて、途方にくれている。

カースケたちのように、いつまでもというわけには行かないのだろうか。

 人生には
 いろんな別れ道がある
 いつの日か また
 会うことがあるかも知れない
 どこにいても いくつになっても
 心はひとつ 俺たちの旅

>成沢
このページに気が付いたら、連絡をください。

2005-8-2

「俺たちの旅」放送

 サンテレビ
 8/3(水) 11:00〜

関西では久しぶりの「俺たちの旅」の再放送です。
DVD を持っているので観ないけど、でも、うれしいです。

「ゆうひが丘の総理大臣」放送

 チャンネルNECO
 8/22(月)から毎週 21:00〜
 
 再放送
 8/23(火) 4:00〜
 8/27(土) 10:00〜

「ゆうひが丘の総理大臣」はビデオを持っているのですが、今回の放送を DVD に録画して保存版にしようと思っています。
DVD も買いたかったのですが、ちょっと高すぎますよね。

最終更新時間:2007年09月04日 22時37分56秒

ページの内容について何かありましたら以下に連絡ください。

上記のメールとドメインを@でつないだものがメールアドレスになります。