shichiya.com
TEL : 072-845-0200
information
 
橋本質店
hashimoto@shichiya.com
TEL : 072-845-0200
 -------------------------
 
バックナンバー
 
 
 
 腕時計
 
 ダイヤモンド
 
 -------------------------
 
 橋本質店アーカイブ
 
橋本質店

    当店は2016年12月末をもちまして質預かりを終了いたしました。
    
    当分の間は預かり品の受け出しと、買取業務のみ行っています。

    長年、当店をご贔屓いただきまして有り難うございました。


 
  • 最新版 2016.10.30 記 質屋のブログ ・・・

  • 第五冊 2015.08.10 記 アンサング・ヒーロー ・・

  • 第四冊 2013.08.18 記 それは違う ・・・

  • 第三冊 2011.12.30 記 まぁー先生 ・・・

  • 第二冊 2003.03.16 記 またご縁がありまし ・・・

  • 第一冊 1995.10.10 記 買い取り相場の問い ・・



「この町の風景」

2017.04.29
京阪百貨店の入口に並ぶ花鉢と、歩道のバス停の標識です。
この前の道にひっきりなしにバスが到着します。終点ですからたくさんの人が降りてきます。乗客を降ろしたバスがロータリーへ行く前に何台もここに並びます。歩道をたくさんの人が歩きます。そうしたこの町の上品な賑わいを撮ろうとしました。建物のKEIHAN の文字と、入口に並ぶ花と、京阪バスの赤い車体と、バス停の標識と、歩道を歩く多くの人とを入れて。しかしバスが近づいて止まると百貨店の入口が写りませんし、バスの運転手にこの位置で止まってと注文つけるわけにもいきませんし、思うように撮れませんでした。

2017.04.28
橋本質店のハナミズキです。
ここで商売を始めるときにガレージの端にハナミズキの苗木を植えてもらいました。
前の道がその辺りで少し曲がっていますので、南の方から米林さんの前をとおり、山田さんの前をとおってくる人は、ちょうどこの木に向かって歩いてくるかっこうになり、今の花の季節、このハナミズキを見ながら歩いてきて通り過ぎるまで首を回して見ていく人がありました。
しかし家を工事するについて今の位置に移植しましたが、花の色が濃いくなりもう前のように人を惹きつけることはなくなりました。ああ、咲いているな、だけです。

2017.04.27
近くの米林さんの八重桜です。
花の下を通るたびにどの角度から撮るか考えていました。手前から撮るか、下から仰ぎ見て撮るか、行き過ぎてから振り返って撮るか。そうしている間に花が少なくなって、葉っぱが多くなってきました。これから葉がしげって緑がたのしみです。

2017.04.26
近くの竹尾クリニックさんのハナミズキです。
うすいピンクの花がいま満開です。道の角を病院の受付へ下りて行く斜面に植わっています。風通しが良くて、水はけがよくて、毎日横の道を通りますがこの樹は大きくなりました。花をいっぱいつけた枝が伸びやかに風に揺れています。

2017.04.25
橋本質店の軒下の掲示板です。
右から「交番だより」4月号の表裏。
次の黄色のポスターは、枚方市内で「バイク」による交通死亡事故多発、「交差点では危険予測が大切です」、枚方市交通対策協議会から。
次は「認知症徘徊、見守り訓練」、枚方市民生委員児童委員協議会から。枠の外のタイルに貼ってあるのは「春の地域安全運動、安全・安心まちづくり」、枚方市防犯協議会から。交番だより以外はすべて枚方市○○協議会からのものです。
特に黄色のポスターは今年に入ってバイクの死亡事故が多発していて、枚方警察署と交通対策協議会から緊急に注意を呼びかけるもので先日別に、自治会の役員さんが持って来られました。

2017.04.24
ミスタードーナツエル枚方ショップさんです。
入って正面がショーケースとレジで、右の部屋で食べることができます。
自治会がする月一度の岡東公園の掃除のあと、いつもペットボトルのお茶と一緒にここのドーナツがでます。長い間ドーナツというものを食べませんでしたが公園の掃除に行くようになってから食べるようになりました。この日はシナモンリングとチョコレートを買いました。

2017.04.23
鳥貴族 枚方南口店さんです。
昔に三越が入っていたビルの外階段を降りていった地下1F 正面にあります。店内は広く昨日入りましたら満員でした。
1人用、2人用の間仕切りカウンターもあり落ち着いて食べられます。全品280円です。若いお客さんが多く中にいると青春している感じがしました。
店の人も活気があって、お客さんが入ってくると、いらっしゃいー!他の人も らっしゃいー!らっしゃいー! 開店してまだ半年か1年ほどですが店に勢いがあります。
レジをして外の写真を撮る了解を得て出たら、外のこの写真のところにも待っているお客さんが多く、昨夜は撮らずに帰りました。今日昼過ぎに改めて撮りに行くと閉まっていして、「串打ち中」と掲げてあります。よく飲食店に準備中と札が掛かっていることがありますが、焼き鳥屋さんは「串打ち中」なんですね。店は夕方からの営業のようです。

2017.04.22
近くの淀川河川敷のサイクリングロードです。
北を向いています。黄色いのは菜の花です。夕日が沈んだところで、直線道路にほとんど人がいません。 4/22 P6:40

2017.04.21
当店の前の市道にある消火栓です。
昨日はせせらぎの水について書きました。今日は消火栓の水について書きます。この水は上水道です。家庭で使うのと同じ水道の本管につながっています。
むかし隣の八幡市に住んでいたときに、市の消防団に入っていて、町の消火栓を点検に歩いたたことがあります。蓋を開けてバルブをゆるめて水が出るのを確かめるのですが、あまり出さないように言われていました。ここから出る水の量は桁違いで、多く出すと水道の本管を一気に水が動くので水道水が濁り苦情が出るからです。
それで話しは消火栓の水からまた飛ぶんですが、津波に襲われた福島原発が制御不能に陥って原子炉格納容器に消防車で上から水を入れている時の話しです。NHKニュースセンター9時で大越キャスターと原子力専門の東大教授が現状の解説と今後の予測をします。昨日からポンプ車で水を入れているが格納容器の水位が上がってきません。このままではメルトダウンの可能性はと、こんな話しです。次の日もまた同じように入れているが水位が上がらない。その次の日もまた同じ解説です。その次の日ぐらいに隣の建屋の床上何十センチかに放射能汚染の水が溜まっているのが発見されて、大越キャスターがこれはどこから来た水でしょうか、と教授に聞きます。
アホかいなと思いました。上から消防車で水を入れて容器の水位が上がらへんかったら下から漏れてるに決まってるやないか。風呂でも蛇口ひねって水入れて貯まらへんかったら下の栓忘れてると思うわ。消防車で水を入れて、水位が上がらへん上がらへんと連日ニュースで言うが、大丈夫かいな。漏れてることは考えんでもええんかいなと思ってたけど、大越キャスターは東大出で、答える先生は東大の教授だから、その二人が話題にせえへんねんさかい心配せんでもええんやと思ってたけど、このざまです。
これは後日に思ったことですが、あの東大教授はガンダーラの仏像のような顔してたけど、では教授は、上から入れた水はどこへ行ってるとお考えでしたかと問うたら、三途の川へ流れてると思ってたと答えたのやろか。

2017.04.20
京阪の高架の側道にある水路です。
写真の左がファミリーマート、右の側道を渡ると高架の位置です。
手前にある説明板に、「この水路には、汚水を下水処理場で高度に処理した水を流しています。きれいな水ですが、飲んだりしないで下さい」、とあります。
水路の中央にある丸い石の上部から水があふれて水路に落ちています。けっこうな水量ですが、どこの処理場から引っぱってきているのか気になって市役所の下水道課へ聞きました。渚の水未来センターからですとの答えです。しかしこのためだけに水道とは別の回路でここまで引っぱってくるのは大きな投資ですねと重ねて問いますと、ここのためだけでなく、渚の下水処理場では近くの上水道の取水の関係で処理した水を淀川へは流さないで、地下を通して寝屋川まで持っていって淀川へ落としています。このせせらぎの水はその管の途中から引いてますとのことでした。これで納得しました。

2017.04.19
賃貸住宅サービス枚方店さんです。野村證券の前の信号、南西角にあります。
大きなガラス戸を入ると正面に受付カウンターがあり、右に商談スペースがあります。
契約の前にお客さんを賃貸の住宅に案内されるようです。その車の専用駐車場が当店の近くにあり、毎朝社員の人が何人も車を掃除に通られます。お客さんを乗せる車だから特にきれいにしておられます。

2017.04.18
近くの教学室です。
前に住んでおられた人が、
一度ここで朗読会の練習を
されたことがあります。
その後は使われていません。

2017.04.17
お隣の藤井さん宅の紅カナメの生け垣です。
横道のガレージのブロック塀の上にあります。普段は緑の葉ですが年に2回葉が赤くなります。
この時期は景色が華やいで道を通るのが楽しみです。

2017.04.16
T−SITEの前を通って市役所へ行く歩道です。「ふれあい通り」の標識が立っています。陸橋に市制70周年の横断幕がかかっています。右に交番、その後ろが岡東中央公園です。
交番のお巡りさんに、岡東町を紹介する個人のページに載せたいので、交番を外から撮ってもいいですかと了解を求めたところ、正式には署の広報官を通してもらわないと了解は出せないが、周りを撮った中に写っているならいいでしょうとのことでした。それでこの写真は交番にカメラを向けたのではありません。撮った風景の中に写っています。
しかしそれにしましてもこの建物はT−SITEの新しさに対して、昭和を引きずって建っているような雰囲気があります。

2017.04.15
野村證券の前の横断歩道です。
なにか事故があったようです。お巡りさんが来て巻き尺で測って実況見聞のさいちゅうです。
この道は交通量が多く、そこへ市営駐車場からの車があります。駅から歩いて帰って来ると、この信号が変わるのを待つのが面倒なことがあります。この事故はどうした事故か知りませんが。 4/14 P5:00

2017.04.14
橋本質店の角の花壇です。
03.29 記にチュウリップのことを書きましたが、今年も花が咲きました。
茎は細く花も小さいですが、4株も出ました。
その内の一つは来年のことを考えてつぼみを取り、今3株咲いています。

2017.04.13
意賀美さんの南側の登り口にある桜です。
ここは岡南町だと思っていましたが、あらためて住宅地図を見るとわずかに枚方上之町に入っています。大きなガレージの奥の石垣の上のお宅の前庭に植わっています。濃い緑の山影の中にこの桜花の美しさは際だっています。
毎年この季節になるとさくらさくらと世間が騒ぎますが、私は昔から桜がそれほど特別な花に思えなくて、20年ほど前になりますが、桜のどこがそれほど凄いのか見極めてやろうと意賀美さんの境内の桜を30分ほど見ていました。
しかしいっこうに何も見えてこなくて、花びらが散ると三好達治の・・「おみなごに花びら流れ、おみなごしめやかに語らい歩み」・・それはわかるけど。それがそんな特別なことでもないし。こんな調子でした。
そのうちだんだん寒くなってきて、遠くで寺の鐘が鳴って、鳩が飛んで、・・「鐘がゴンと鳴って、烏がバサッと飛んで、髑髏を釣って、その晩にカラコロカラコロ こんばんわ」・・こんな落語が確かあったなぁ〜。こんな関係のないことしか思わなくて、諦めて意賀美さんの斜面を南側へ下りてきました。その山影の濃い緑の中にこの桜を見ました。すぐにこれが桜の凄さだと思いました。
以来、毎年この季節に何度か見に行きます。以前は高い細身の老木が3本植わっていましたが、今は1本切られて、2本です。道から仰ぎ見る角度で撮らせてもらいました。

2017.04.12
日本調剤枚方薬局さんです。
谷掛さんの並びで、先月か先々月までは「ひまわり薬局枚方店」のお名前でした。
昔はこの建物はパン屋さんで年配のご夫婦がしておられました。今は薬局さんになっていて、薬剤師さんでしょうか、薬をもらいに行くと白衣の人が 3〜4人おられます。

2017.04.11
谷掛脳神経外科さんです。
駅の南口より2分のところです。
MRIやCTなどですぐに検査してもらえます。
前に頭を打ちました。ダメージは受けていないが診ておいてもらったら安心ですから受診しました。どうもなくて安心しました。

2017.04.10
昨日の枚方宿・五六市です。
線路の向こう、岡本町から三矢町の旧街道筋に毎月、第二日曜日に個人の店が多数出ます。
年々、店が増え訪れる人も多くなって盛況です。枚方宿は東海道の56番目の宿場でしたので、五六市の名前になっています。ビオルネ南館の3F通路から撮りました。

2017.04.09
京阪稲荷神社の満開の桜です。左右のマンションの間にいま咲き誇っています。
朱塗りの社の前に2本の桜の老木があり、いつも門は閉じられていています。年に一度、京阪電鉄会社の稲荷祭でしょうか、電鉄会社ですから安全祈願祭でしょうか、執りおこなわれています。前に左のマンションの5Fのベランダから、この季節に眼下の桜を見ましたが圧巻でした。

2017.04.08
大垣内町の中務酒店さんです。
注文すると配達してもらえます。電話番号が841−2390ですから、昔は枚方−390番だったのでしょう。
30年ほど前、この土地へ来たころ中務さんに注文の電話をするとお婆さんが出られて、その電話の受け答えが、私の母親が昔に店の電話八幡−44番に出ていた調子と似ていて、商売をしてこられた時代が同じなのかもしれないと思いました。

2017.04.07
橋本質店の角の大鉢に咲くパンジーです。
去年の暮れに3株植えました。
すこし暖かくなって今は鉢一杯に咲いています。
今朝は午前中急用があって店は休みました。
昼から開けますと書いて、
シャッターに貼り紙をしました。

2017.04.06
岡山手町の坊主池公園です。
前はこのように整備されていなくてもっと大きな池でした。その時にすでに周りにはマンションが建っていましたが、私の知らないそのもっと昔のこと。このあたりが開発されマンションが建設されるについて、この池の水が下流の岡東町を通るので水利権があり、(岡東町には昔から田圃はなかったらしいのですが)、その補償のお金が市役所の財産区に積み立てられました。そのお金で岡東公園の横の防災会館が建てられたと聞きます。

2017.04.05
今日は岡東町からはなれて、御殿山神社のある山です。
京阪電車で京都から帰ってきて、御殿山の駅に近づくあたり、左の車窓に丘陵(崖)が見えます。その山を見に行きました。花見をしているグループがありましたが、桜はまだ咲いていませんでした。このピンクの花の木は、もうだいぶ散っていました。御殿山神社の裏の岬のように北へ伸びる尾根を西側へ下りてきて撮りました。 4/2 P2:00

2017.04.04
日曜日の公園の掃除の続きです。
いつも花壇の手入れをされている方に取材してカメラを向けたところ、他の人も掃除の手を休めて入って下さいました。
 綺麗な花をバックに嬉しいわ〜
 昔は花やったし・・?
岡東町の婦人を撮せる機会は滅多になく貴重な映像ですから了解を得て載せました。 4/2 A8:30

2017.04.03
昨日の公園の続きです。
公園の花壇を世話しておられる方にお聞きしました。
いつもこのように綺麗に咲かせるにはどうしたら良いのですかと問いましたところ、
「手入れと土」です、とのお答えでした。

2017.04.02

前にも載せましたように、毎月第一日曜は朝から岡東公園の掃除を町内の人が出てしています。


 

 





いつも掃除が終わると、こうしてペットボトルのお茶とドーナツが出ます。
ドーナツを食べながら春の日差しのもと、しばらく話していました。

2017.04.01
月初めは意賀美さんにおまえりです。
境内の掲示板に、大阪府神社庁のポスターが貼ってありました。
「 一日生きることは、一歩進むことでありたい。 湯川秀樹 」 
それを読んで、賽銭をあげて、柏手を打って、御撤米をもらって帰りました。

2017.03.31
スクランブルにある三井住友銀行のキャッシュコーナーです。中にはATMの機械が4台あります。
以前は左のビルに住友銀行が入っていて、その左隣が三越百貨店でした。その時代はこのキャッシュコーナーの所は岡田眼科さんでした。眼医者さんの時代からは地所はだいぶ道に削られたのでしょうか。中は狭くてATMの利用者が外まで並んでいるときがあります。

2017.03.30
今日はネタがないので、橋本質店の前の質蔵文庫と掲示板とパンジーの鉢植えです。
質蔵文庫は毎日本の出入りがあり、いつのまにか本が出て棚に隙があいています。掲示板には交番だよりと、ゴミの収集日時が4月から変更になる通知が貼られています。パンジーの鉢植えはこの10日ほどで急に大きくなりました。

2017.03.29
橋本質店の角の花壇です。パンジーと石蕗の間に地を割ってチュウリップの葉っぱが出ています。
しかし今年はもう葉の中からチュウリップの莟は出ないかもしれません。
5年ほど前に球根を2個もらって、植えてから毎年咲いてきましたが、花が終わったままにしてましたので年々花が小さくなってきていました。

2017.03.28
流祖都山邸跡です。
尺八の都山流の開祖、中尾都山の邸跡です。
今は市営岡東町駐車場の前にありますが、駐車場ができる前はこの碑は写真の裏のあたり、当店の近くにありました。
昔はこの一帯が中尾都山の広大な屋敷地で、尺八の道場があり全国から門弟が修行にきて宿泊していたらしいです。それが順々に売りに出され、買った人が移り住んで今の町の様子になったと聞いています。私は昭和の終わりに不動産会社の仲介で、店の土地を古家付きで購入しましたが、売った人の親は昔に中尾都山から購入していました。家は木造平屋建てで古くて壊しましたが、横道に面した窓の取り方など、門弟が下宿したのがしのばれる造りでした。今でも岡東町に古くから住む人は都山さん由来の土地なので、当店の近くを「都山村」と呼ぶことがあります。

2017.03.27
市営岡東町自動車駐車場の入口です。
右の掲示板に 100円/30分 一日最大1400円 AM 7:00〜PM 12:00 とあります。一ヶ月契約の定期もあります。
右の方に出口があり、前の道は駐車場が建てられるときに進入路として造られました。以前は家の庭や畑の土地でしたが、その中を道が通ったため切られた土地がこの先に半端に残っています。

2017.03.26
前記 2017.03.19 にも載せましたカトリック枚方教会さんの、階段下にある掲示板です。
内容は右は「ミサへのお招き」「勉強会のお知らせ」です。左端はお寺にしたら門に掲げる、「今日の語」にあたるでしょうか。「人にしてもらいたいと思うことは何でもあなた方も人にしなさい。 マタイ 7−12」、とあります。日本語の文章としては落ち着きがよくないですが、聖書の翻訳だからでしょうか。神と仏の立つ位置の違いによるのでしょうか。

2017.03.25
ケンタッキーフライドチキン エル・枚方店さんです。
高架下のエル枚方食道館にあります。歩道から入店して正面のカウンターで注文して左奥の部屋で食べることができます。
Sフライポテト を注文して、撮影の了解を得て撮りました。
お店の撮影は外からでも一応了解を頂くようにしています。

2017.03.24
近くの岡山手町の住宅の庭木です。
右の白い花は桜ですが、左の紅い花は桃でしょうか、杏でしょうか。枚方小学校のグラウンドの横を通って坂を下りてくる途中のお宅の植木です。紅白の花がきれいなので道から撮らせてもらいました。 3/22 P5:00

2017.03.23
三井住友銀行枚方支店さんの入口の横のディスプレイです。
左の堺雅人はパネルですが、右の吉高由里子は大型の液晶モニターに映っています。モニターには動画で1ストーリ30秒ほどの短い幾つかのバージョンがあります。「口座、デビット、をつくっトク!」「新しい生活が始まる。」「メイキング」など。
ショーウインドーの内に動きがあると人目をひき華やぎます。寿司屋の水槽に鯛が泳いているとネタが良いように見えます。当店はむかし質流れ品を並べるショーウインドーの中にテレビをつけていたことがありました。

2017.03.22
関西医大の構内を抜けた河川敷のサイクリングコースの休憩所です。
淀川の堤防の位置から撮りました。左の建物がトイレ。右にある黒い門扉が分かりますか、夜は閉じて、向こうが病院の構内です。サイクリングで走ってきた人がここで止まって、右に見える自販機で飲み物を買って中央の大きな○に腰掛けて休んでいます。この自販機は枚方で一番よく売れているのでないかと思うほどよく売れています。 3/20 P5:00

2017.03.21
昨日の写真展の記事の続きです。
市民ギャラリーの内を3つのブースに分けて、3者の同時開催です。1グループは十数人で活動しているのでしょうか。写楽10 は目録によると40点近く作品名をつけて展示しています。
私もこのページを始めるようになって、毎日、何か一つ写真を載せようと店を閉めてからネタ探しに歩いています。これまでのように物や風景をボーッと見てないで、つい切り取る風景の題名を考えるようになりました。

2017.03.20
写真グループ 写楽10 の写真展です。
枚方サンプラザ3号館5F 枚方市民ギャラリーで3月17日〜22日(水曜)まで開催されています。(AM 10:00〜PM 6:00 最終日はPM 5:00まで)。
展示してある写真は、グループの撮影会で撮ったものや個人の旅先で撮ったものなど、風景が良くて、光の加減がちょうど良くて、それを腕の良い人が撮って、その内のこれはと思う作が並べられています。

2017.03.19
カトリック枚方教会です。
近くの岡南町にあります。
京阪電車が枚方市駅に入る直前の丘に尖塔が二つ建っているのが見えます。
教会の中には入ったことがないのでつながっているのかどうか知りませんが、うしろに幼稚園(うみのほし幼稚園)があります。

2017.03.18
写真の らがー さんです。
撮影、現像、写真制作など、
写真のことなら何でもたのめます。
町の入口のようなところにあるので、
写真のことだけでなく、
たくさんの人からいろんな事で頼りにされているお店です。
写真の本職のお店を撮るので緊張しました。

2017.03.17
野村呼文堂さんです。
岡本町のビオルネ南館1Fにあります。この前の道が商店街だったころからある本屋さんです。左の入口を入ると新刊、右を入ると児童書、教科書類、中央あたりが文庫本です。本の取り寄せもしてもらえます。

2017.03.16
枚方市駅前のロータリです。多くのバスの路線がここに入ってきています。この駅周辺から市役所のある大垣内にかけてが、昔風にいえば北河内郡の郡都でしょうか。
この市駅前で商売をすることは枚方の他の地域で商売することに比して有利です。自分が商売して実感としてそう思います。

2017.03.15
橋本質店のガレージのサンシュユ(山茱萸)です。
五分咲きぐらいでしょうか。
寒いなか夜に苦労して撮りましたが上手く撮れませんでした。
その代わりと言ってはなんですが、
外灯の明かりに浮かぶさんしゅゆの黄色の小花よき人よ来い
3/14  P10:00

2017.03.14
前記 2017.01.26 にも載せました百濟王神社の杜です。
大きな落葉樹の太い幹の左奥、白い石の鳥居がみえますか。鳥居をくぐって左へ上がっていくと社です。山の木々はいま夕日を受けて輝いています。このカメラの位置に立つと、昔の人がここに祀った気持ちがわかる気がします。 3/12  P5:10

2017.03.13
淀川河川敷の磯島グラウンドです。
少年野球チームが練習をしています。
カキィーンとボールが高くとんでいき、外野手がダイレクトでキャッチして返球します。堤防の中段から撮りました。木々の間から淀川の流れが見えます。春まだ浅き淀川河畔です。 3/11  P5:00

2017.03.12
「平和の燈火」、岡東中央公園です。
昨日は東日本大震災から6年を迎えた日なので、その鎮魂の灯火のようです。
ステージではコーラスをしていました。
通りがかったら歌声がきこえましたので近づいて撮りました。
3/11  P7:00 です。

2017.03.11
意賀美さんの梅林です。
万年寺山周遊コースに入っています。
梅は満開を少しすぎたあたりでしょうか。白梅が多く、ところどころに紅梅も咲いています。
撮影は 3/10  P5:00

2017.03.10
枚方市市民会館です。これが市民会館本館です。
よく市民会館というとあの大きなホールを思いますが、あのコンサートなどがあるのは市民会館大ホールです。地下にあるのが小ホールです。この本館は1Fに市民会館全体の管理運営の事務方が入っていて、上の階などにある会議室、集会室などの部屋の利用申し込みができるようになっています。1Fの奥は選挙のときには投票所になります。

2017.03.09
サーティワンさんです。枚方駅前のロータリーの近畿ビルの1Fにあります。
写真を撮るのはいつも店の人にことわってからにしていますので、この場合ですと先ずアイスクリームを注文して、ことわってから撮るのですが、さすがにこの日は寒くて注文する気がしませんでした。それで前にこちらでアイスクリームを食べたことがありますと言って撮らしてもらいました。もちろん若い人は寒い日でも食べていますけれども。私はまた暖かくなったらいただきます。バニラ、抹茶、チョコチップ、などなどを。

2017.03.08
カンダダイアモンドさんです。
枚方駅前のしにせの宝石店さん。
サンプラザ1号館3Fにあります。
宝石・貴金属の製造と卸と小売りをされています。自分の欲しいデザインの指輪を注文すると作ってもらえます。

 

見やすい高さのL字形のショーウインドーに、指輪やネックレスなど宝飾品がたくさん並んでいます。
建物の内の通路から見るので商品を落ち着いて見ることができます。

2017.03.07
京阪の高架をくぐる道にある地蔵尊です。
「岡本町上之町地蔵尊」と銘板にあります。
京阪の線路の下は岡東町の住所だと聞きますが、高架にともない移設されたのでしょうか。私が昭和の終わりにこの土地に来たときには京阪電車はまだ下を走っていましたが、その時代には地蔵尊はどのあたりにあったのでしょうか。

2017.03.06
昨日の公園の掃除の記事の続きです。
公園に新しい花壇ができたので、岡東町のご婦人が新しい苗を植えました。
その苗が順調に育っている説明を受けました。花の名前を聞きましたが、どうも花の名前はおぼえられなくて忘れました。


下の写真は公園の下の花壇に咲く花です。白い小さな花弁がいっぱいです。パンジーが埋もれるほどです。
花の手入れをされているご婦人に、一度手入れの方法などを取材をしょうと思っています。

2017.03.05
毎月、第一日曜日に岡東公園の掃除をしています。
いつも町内の人が20人前後集まります。夏場は朝7時から、冬は8時からはじまります。



公園は結構広いので、夏は草がよく生えて抜くのが大変ですが、この時期は落ち葉を集める程度ですみますので、今朝はいつもより参加者が少なかったのですが早くおわりました。



終わった後には、いつも缶コーヒーとペットボトルのお茶、それにドーナツがでます。

                                                   


こうしてまたしばらく話しています。
今日は天気がよく寒くないので楽でした。

 

2017.03.04
岡東中央公園、金曜の午後5時です。
天気が良いから若い人が3人、4人集まって、歌ったり振り付けの動作をしたりしています。中央の屋根のあるステージには上がりにくいのか人がいません。左の方で歌って体でリズムをとって練習しているグループがあります。

2017.03.03
ファミリーマート枚方岡東町店さんです。
京阪の高架沿いにあります。毎年、岡東公園である盆踊りにここの屋台が出て盛況です。
この一年間ある会合の文書のコピーに月に2回はこちらのお店を利用しました。いつもお客さんが多いです。

2017.03.02
左の写真は当店が古物市場で売るために準備した質流れ品の指輪やネックレスです。
この内容は「質屋の風景」になりますが、当店は商売をこの岡東町でしてますから「この町の風景」にもなるので、ここに載せました。写真には指輪の他にペンダント、ブローチ、バングル、それに鑑定書が見えます。一点づつ付けた出品札には番号、金性、石目、グラムを書いています。品物は高周波洗浄機で洗い上げています。こうして準備した品物の集荷に古物市場さんが月に1〜2回質屋を回ってきます。
このあとの場面の、市場の人が点数を確認し、ブランドバッグなどを車に積み込んでガレージを出て行くところを、この町の風景(質屋の出荷風景)としてカメラで撮ってこのページに載せようと思ったのですが、防犯のこともありますのでやめました。

2017.03.01
毎月、一日は意賀美神社さんにお参り。
京阪電車が大阪からきて枚方市駅に入る手前で回り込む山の上にあります。
このあたり一帯の氏神さんです。
すぐ下には梅林があり、展望広場からは淀川の流れが見えます。


社殿の後ろの玉垣に「橋本質店 橋本洋介」の字があります。これは平成10年ごろにその当時の岡東町の自治会長の清水庄蔵さん(※)から「意賀美さんが玉垣を作るねんけど、あんたとこもここで商売するねんさかいしとかへんか。もうあんまり残ってへんけど」と、声を掛けてもらってしたものです。京阪電鉄さんが最後の止めでかつかつに入りました。
(※)このとき清水庄蔵さんは既に自治会会長職を退いておられて、意賀美神社さんの奉賛会の役員をしておられた関係で玉垣の声を掛けて下さったのかもしれません。

2017.02.28
生活クラブさんの配達です。
この岡東町では他の生協さんの、おおさかパルコープさんの車もよく見かけます。岡東町は京阪百貨店、ラッキー、T−SITE、それに高架の向こうの岡本町にはイオンがあり、食料品をあつかう大きな店が近くに多いのですが、週一回の生協さんの配達を利用している家もあります。

2017.02.27
大阪王将さんです。
市駅のしたの水島書房さんを出たところ、禁野の方へ行く出口にあります。
いつもお客さんが多く、家族ずれ、会社帰りの同僚、学生、一人もの、などで賑わっています。

 

たまたまこの日は店がすいていたので、ことわって店内を撮らせてもらいました。いつもはカウンターに何人か座っています。ちなみにこの日の私の注文は元祖焼餃子 240円、ちょい盛五目炒飯 330円です。これで十分にエネルギー満タンの気分です。

2017.02.26
関西医大の構内を抜けた淀川の河川敷の櫨の枝に止まっている野鳥です。モズではないかとおもいます。
散歩の途中にデジカメでねらうのですが、近づくと逃げるし、私のデジカメではこの大きさにしか撮れません。
木の雰囲気と枝先に止まっている様子がおもしろいので載せました。 (日曜 17.30)

2017.02.25
やまぎわ文具店さんです。
看板はパッケージプラザ・ヤマギワさん。枚方市駅から東へすぐの所です。
店内はもう文具類の商品でいっぱいです。文具、紙、袋、などなど。画像はそのほんの一部です。

 

文具は種類が多いところえ一点づつのばら売りですから、このお仕事は在庫管理が大変でしょうね。
お店でこんな商品がありますかと聞くと、さがしてもらえます。それでもない場合は注文すると明くる日には入ります。

2017.02.24-2
下記−1について、老人会長の清水源久さんより加筆挿入の依頼がありましたのでここに載せます。
(※A) 因みにH29年4月はプロの方の「文芸作品の朗読」、同年5月は戸外での「グラウンドゴルフ」、同年6月は「淀川三十石船船歌を歌おう」(さんじゅっこくぶねふなうた)を行う予定です。
(※B) もし、ご興味のある方、岡東町居住又は以前に同町に居住された方は、いつでも入会可能ですので、清水まで。
、とのことでした。

2017.02.24-1
ご近所の清水さんです。
清水源久さんは岡東町老人会の会長さんです。ご自宅前で老人会のことをお聞きしました。
「 岡東町の老人会は現在61名、会長の他に副会長が2名、それに数名の役員です。会費は月に100円で年1200円です。年に11回、岡会館で老人会の集まりをしています。(※A) 自分の仕事は年間の計画をたてたり、準備をしたり、それを会員に知らせたり、また市役所に出す書類をつくることなど結構あります。他の地域の老人会の代表との会合に出ることもあります」(※B)
このようなお話でした。ありがとうございました。またお聞かせください。
(※A)(※B)に付いては上記−2をお読みください。

2017.02.23
やまぐちビルさんです。
1Fのメガネ工房やまぐちさんは、広い店内で自分にあった眼鏡がつくれます。
ビルの前を右へ行ったら枚方市駅、左へ行ったら市営岡東町駐車場。建物の角がアールにかっこよくウェイブしています。

2017.02.22
今日は岡東町を離れ、関西医大の構内を抜けて堤を降りた淀川の河川敷です。写真は2月19日(日)午後5時10分、散歩の途中に撮ったものです。夕日は対岸の高槻の南の野に傾いています。

左の写真は河川敷を京都の方へ1キロほど上がったサイクリングロードです。左が淀川の流れ、右の窪地の上が牧野ゴルフ場のコースです。長い直線コースにほとんど人がいません。時々、サイクリングのグループが高速で走って行きます。

右の写真の林は、今は冬枯れで見通しがいいですが夏には鬱蒼としています。野鳥が多くバードウオッチングの人が道に三脚を立てて望遠レンズを覗いていることがあります。

2017.02.21
今日は橋本質店の前です。
左の2つの鉢は、年末に米伊さんで買ったパンジーを4株づつ植えています。例年これから少し暖かくなると急に大きくなり鉢いっぱいに咲きます。
右のスタンドは、営業中の表示がないと普通の民家のようで商売しているのかいないのか分からないという人があり立てました。リホームする前は後ろの格子の窓のところが、ショーウインドーで時計や指輪を販売していましたので、表示がなくてもすぐに質屋と分かりスタンドなどいらなかったのですが。

2017.02.20
駅前の米伊(こめい)さんです。
お店はいつも花いっぱい。いまはパンジー、チュウリップ、菜の花など。他にもたくさんの花苗があります。また野菜の苗もたくさんあります。棚の後ろには種や球根があります。お店には扉がなく、ストーブなどの火の気もありませんので、このお仕事は冬は寒いでしょうね。

2017.02.19
美容室カペリベラグラマラスさんの店内にある黒板です。連絡通路側からガラス越しに写しました。駅前のサンプラザ1号館にあります。
右の小さな方の黒板にはカットのことが書いてあり、左の大きい方の黒板には、日付の下に、最近ごはんを自分でつくるようになって、何か簡単なおすすめ料理があったら・・そして最後にサインがあります。短い文章ですが、若い美容師さんが毎日当番で書くのでしょうか。かわゆーぃ感じが出ています。

2017.02.18
モスバーガーさんの店先の黒板です。
市駅の東へすぐの交野線の高架の手前です。この前の道は学生が多く歩いています。
今日の黒板の内容は、ここでバイトしている人が、塾でも教えていて、そこの生徒が大学に受かって、先生受かったと報告にきてくれて嬉しい。この後の受験にむけて、皆さんも頑張ってください、というものです。
文章は書き慣れていて、毎日同じ人が書いているのでしょうか。サインはありません。

2017.02.17
当店の前の電線に止まっている小鳥です。
わかりますか。
私のデジカメでは大きく写せず鳥の種類はわかりません。
岡東町は野鳥が多く天気の良い日にはよく電線に止まって色んな種類の鳥が囀っています。

2017.02.16 記
ヘリコプターが見えますか。電線の上。白いもの。
この岡東町の上は、ヘリコプターがよく飛びます。音がするからデジカメを持って外へ出ましたが、遠すぎて上手く撮れませんでした。それにしてもよく飛びます。駅前であることと関係ないと思うのですが。

このページでは画像を主にして、あまり文字を書かないようにしたいと思っています。

2017.02.15 記
写真の右がT-SITE、左がサンプラザ3号館。間を3Fの高さで連絡通路がつないでいます。
一昨年、T-SITEの建設工事の前に地元の岡東町の住民に説明会がありました。質疑の席で私は次のように質問しました。
前にこの岡会館で市役所の担当者から枚方市駅前の再開発の考えについて説明を受けましたが、この度のT-SITEさんの建築について、市から将来の再開発に関係して、街の整合性の点から何か指導を受けるようなことはありましたか。またT-SITEさんは将来のことを考えて、例えば今に7Fぐらいに連絡通路を受け入れられるような施工をしておくお考えはありませんか、と。
説明者の返答は市からはそうした指導はありません。また7Fに通路を作って誰が通るのですか、とのことでした。確かに7Fに連絡通路とは、非常に外れた質問のように思われたでしょうが、そのことについて少し書いてみます。(もちろんこのことはT-SITEさんに関係なく自分が勝手に考えることです。)

前にありました市役所の説明会では、この度の再開発の計画は現在の市駅前の設計が、今からおよそ50年ほど前に発議されて実現したもので、次のまた何十年か未来に向けて、今からデザインをしょうとするものです、とのことでした。それほど長く大きな計画ですから、今のサンプラザのビルも、新町の枚方団地も取り壊しての計画のように思われました。
それで仮に今の3Fの連絡通路と同じように、T-SITEさんの7Fから、その時には建て変わっているサンプラザ3号館の7Fをつなぎ、京阪の線路の上を通って、駅の北側の新町の団地跡に建であろうビルの7Fをつなぐラインは、ちょうど枚方市駅のホームの京都よりの上を通ります。
いまの市駅はホームから下へ降りて改札がありますが、もう一本、ホームからこの通路に上がって行って改札があり、北へ行けばラポール、南に行けば3号館を通ってT-SITE。中をぬけて真っ直ぐ行くと市役所。右へ曲がるとサンプラザ1号館。つまりに7Fの高さで枚方市駅をまたいだ空中回廊を再開発のデザイン案に考えたのです。
大阪駅のホームがそうですね。京都駅も下へ降りるのと上へ上がるのとあります。上で7条口と8条口をつないでいます。昔の枚方市駅も地下通路と線路をまたぐのと両方ありました。
あなたは上の写真の7Fに、空中回廊が懸かっている未来の図を想い描けますか。

2017.02.14

 

 

 

 




左の写真は11日の朝9時、橋本質店の角の花壇です。前夜の雪がパンジーやツワブキの上に積もっています。
右の写真は横道の柵の内に咲いた水仙です。何年も前に近所からもらった株を植えたら毎年咲きます。球根が残っているから何もしなくても季節がきたら芽が出て咲きます。雪の朝どちらもきれいなので撮りました。

2017.02.13
市のゴミ収集は、生ゴミが週に2回、プラスチックゴミが1回です。(下記の文章はこの画像のときのことではありません)。
ゴミ収集の作業員は、今は市の職員でなく外部委託の会社の人だと聞きますが、前に見たときに収集車のスピードが速く、横を走ってゴミの袋を車に入れている若い人が、ついていくのがやっとで危険な感じがしました。
何もそんなに急がなくてもいいと思うのですが、急いでいるのは、会社のノルマがきつくて広い範囲を回らなくてはならないからスピードを出しているのか、あるいは道が細いから対向車に出会わない間に早く通り抜けたいと焦っているのか、たんに運転手が入ったばかりの若い子をしごいているのか、もっと他に理由があるのか分かりませんが、ともかくこんなに急いでいたら、その内に事故が起こるんじゃないかと心配したことがありました。

2017.02.12
枚方市駅の南西すぐのところの小路です。
住宅地図を見ると岡東町と川原町の境です。年末の夜警に「火の用心」といって自治会が町内をまわるのですが、一緒に歩いて、町内にこんな道があったのかと思いました。
この土地に子供のころから住んでいる人は、小学生のときに遊んだ路地とか知っているのでしょうが、大人になってから来た者には、普段は通ることがないので今まで知りませんでした。
このごろ店を閉めてから散歩がてらデジカメをもって撮影に出ますが、夕方に人気のない道に入ると、なにかふと、盗撮犯に間違われなだろうかと考えることがあります。

2017.02.11
京阪市駅下のダイソーさんです。
広く明るい店内に100円の商品がいっぱい、お客さんがいっぱい。レジにならんでカゴをだすとAKB48のような女の子が、100円の商品が、イッテーン、ニッテーン、・・と言ってバーコードを読みます。週に一度はここで柿ピーを買ってます。

2017.02.10
大東楽器さんのヤマハ教室です。
ドラムのレッスンルームが道から下に見えます。自転車置き場のさき一段下がってドラムを叩いている様子が見えます。
5年ほど前にその様子がとても気持ちよくて私も一度やってみたくなり、この部屋でドラムを叩いたことがあります。近所の人に見られたら恥ずかしいから部屋に入ったらすぐに自分で窓のカーテンを引いていました。タカタカタッタ・・そのうち手だけでなくバスドラムの足も入ってきて、もう何がなんだか分からなくました。

2017.02.09
岡東町の防災倉庫です。
修学堂さんの塀の横の公園へ上がる道の正面にあります。
災害時の救援物資を備蓄しています。
数年前に、岡東町の財産区のお金で建てたように聞いています。

2017.02.08 記
岡東小公園の下にある自治会の掲示板です。
市道と石垣の間に立っていてよく見えます。わずかに雨よけの庇があって、ポスターを押しピンで留めるようになっています。
自治会の役員さんが貼り変えされます。年間を通じてけっこうな枚数です。

2017.02.07 記
一乗寺さん別院、
修学堂さんの塀にある語です。
「念佛や わざわい転じて 福となる」
「守られて 願われて 今ここに」
こちらもありがたいお言葉です。
当店も日替わりでこうした語を外壁に掲げてはと思いますが、店には合わないでしょね。
お寺の塀にあってこその語ですから。
だいたい修学堂さんの塀の語を読んで、それを使って店のお客さんが増えるんじゃないかなんて不謹慎なことを考えること自体が、すでにして仏道に背いています。なんまんだー、なんまんだー。

2017.02.06 記
一乗寺さんの寺門です。
右の掲げてある、今日の語は、
「幸せは おかげ喜ぶ 心から」 合掌
ありがたいお言葉です。
この道を通るときはいつも読んでます。
お寺にこうした語は合います。