【2004年度 順天堂大学医学部予想】

                      フェニックスゼミ講師陣
【数学】
 本学の数学の特徴は、数学B、数学。Cからの出題が多いことである。昨年度の問題は基本的であったので、今年度は難化すると思われる。出題分野の傾向としては、図形と方程式、複素数、数学。の微分積分はほぼ毎年出題されている。過去の出題から、2004年度を予想してみる。数学Bからは@「図形と方程式(円と直線)」、「(放物線の頂点・円の中心・切り取られる線分の中点などの)軌跡」、A「複素数」、数学。Cからは@微分の「接線」「極値・最大値最小値」、A積分の「回転体の体積」、B2次曲線の「楕円か双曲線」であろう。さらに、数学の三角関数の定義と公式(加法定理)の証明をチェックしておきたい。

【化学】
 順天堂の化学は、有機の出題割合が少なく、小問の集合であるので理論、無機分
野に絞って予想してみる。
理論:1)濃度計算(密度をからめたもの)から中和滴定、PH計算、特に弱酸(酢
     酸、シュウ酸の反応や電離度をからめたものが狙われるのではないだろ
     うか)
   2)希薄溶液の計算(沸点、凝固点、浸透圧)
   3)電気化学、特に注意すべきは鉛蓄電池ではないだろうか。またアルミニ
     ウムの製錬や隔膜法等のイオン反応式はよく見直しておく必要がある。
無機:1)周期表にからめた物質の性質、特に14族に注意すべきであろう。
   2)金属イオンの分離、各イオンの性質、沈殿物の色のみならず、実験上の
     注意(硝酸を加える等)の目的もよくチェックしておくこと。また、実
     験装置の問題は注意すべきである。気体の発生、補集などではないだろ
     うか。乾燥剤などは要注意である。

【生物】
 2002年度よりマークシート一題と記述一題の出題形式をとっている。実験考察の内容があり多少の思考力を必要とするが、概ね問題は平易である。問題演習を通して基礎をきっちりと固めてきたものであれば解答に苦労することはないだろう。記述問題にしても内容は至って基本的である。文章を短くまとめ読みやすい解答を心がけたい。
出題内容にはやや偏りがみられ細胞や代謝、遺伝、血液や恒常性などヒトの体に関わる分野からは本年度も引き続き出題があるだろうと考えられる。グラフのからむ出題があれば点差の開くことになる可能性があるので、細胞分裂の際のDNA量の変化、酸素解離曲線、浸透圧調節のグラフなどはチェックしておくのが無難であろう。

【英語】
 2002年に大問数3問であったものが2003年には4問と1問増えているが、これは前年の長文問題中の「誤り箇所指摘」が独立したもので、ほぼ同じ傾向は2004年も続くと思われる。長文の難易度は標準、または、やや難というレベルで、それほど難しいものではないので、平素から長文読解問題に意欲的に取り組んでいる者には、むしろ取り組みやすい問題だと言えよう。ただ、最後に英作があり、時間が70分と限られていることもあり、かなりの正確な速読力を要する。直前にできることと言えば、ひたすら中級以上の単語を覚えることだろうか。これは、単語の意味を問う問題が必ず出題され、中には少し難度の高い単語も含まれるので、必ずやっておきたい。アクセント問題は、品詞とその語尾の形、品詞変化によるアクセント移動の有無など、ほとんど規則的に決 まっているものばかりなので、そのルールを再度確認し、必ず全問正答したい。誤り箇所指摘問題も、そのポイントは頻出のものが多いので、問題集などで直前にかためて100問ほどこなしておくこと。さて、最後のテーマ英作文であるが、試験時間が全体で70分と限られていることもあり、平素からかなり訓練しておかないと対処できるものではないが、自信のない者は、日本語で簡潔な文を組み立ててから、それに沿って英文を並べていく方が結局、短時間で済み、しかも論旨の一貫したものが作れる。複雑な複文構造の文は出来るだけ避けよう。簡潔、明瞭、それだけを心がける。また、与えられたテーマが2001年「私の人生でもっとも幸せな日」、2002年「私がもっとも影響を受けた人物」、2003年「いじめと暴力について。その解決方法」と、テーマ英作として頻出のものなので、そういったテーマで模範解答を与えている英作問題集の解答を何度も書き写し、そのパターンに習熟しておくことが、直前の対策としてはもっとも効果的であろう。

【NEWS】
今後、兵庫医大、東京医大、関西医大、大阪医大、近畿大学医学部(後期)の予想を行なう予定です。インターネットホームページにも事前に掲載していきますので最後の参考にしてください。      
       

医歯学部受験予備校フェニックスゼミ

トップページにもどる