薄れていく記憶を思い出して、書いてみよう。



平成16年に、透析療法をする事になりました。
仕事とはきっぱりと縁切りし、趣味に集中して生きようと、ま、そんな素人考えの折、全てを失われた気持ちは、なかなか難しいものです。
それでも、若いころから、好きで習っていた、尺八と、ギター演奏を続ける事にしました。
そんなときに透析になってしまったのです。ショックでした。
それでもなお、頑張って、好きな演奏をしていると、今度は脳出血。

ベツト生活になってから5年目で、ようやく1時間ほど歩けるようになりました。
PCも少しずつ勉強している状態です。
我が家も、平成29年から30年の地震、台風で被害を受けても、どうすることもできずに、被害物として捨てるだけの自分が辛く思います。

さて、思います。
昭和20年を境に、戦前と戦後は大きく変りました。

昭和19生まれ。
こどものころ、母は、豊津の芝居小屋に毎日、出かけていました。
養父、私はおじいちゃんと言ってました御祖父さんは、ちょつとした親分肌で、戦争で、津田組の瓦職を辞めた後、興業を初めでいました。
御祖父さんはいろんな話しのある人?でしたが、礼儀の正しい人で、また、付き合いかたも、そんな感じの人が多かったように思います
そうそう、昔の仕事の若い衆で、一郎さん?と言う、ちょつとした顔つきのひとがいまして、御祖父さんが亡くなるまで、演芸会などの手伝いをしてくださいました。
母は、若い頃、自転車を乗ったりしていた娘で、家の手伝いをするようになったのは、えらい違いようにです。

茨木でも、もう一軒つくった時のことは、よく覚えています。
小屋近くにいて、いつもj芝居の手伝いをしている“金ちゃん”というおじさんが時々三輪自動車の後部に、吹田から茨木神社近くの近くにある「京阪劇場」までいきました。
むこうで、ちんどん屋と合流して宣伝回りをしてくれました。

そうそう、劇場の近くの家にの2階だったかのベツトに泊めてもらったのを微かに覚えています。
親父は、まだいた頃で、芝居小屋にいたとき、小さな飲み店で、何か食べ物を食べたこともありました。
大手企業に勤めていたが、結婚をしてすくに、会社を辞めて水商売を初めたのです。
しかしながら、事業に失敗しました。

叔父さんが居て、十三にある工場に勤めていたが、嫌が気さし、祖父さんの仕事で、西成の、チンチン電車が通過していたとこ、線路の下をくぐり抜けたとこに「○○芸能俱楽部」を開業しました。

事務所とは言っても、どまに机が置いてあるだけの質素なものてす。
まだ、芸人さんがぶらぶらしていた頃で、仕事の入った時、たまたま表を通りかかった芸人さんに声掛けをしたりするそうです。
この建物には、ほかの部屋に、いろんな人がいましたね。
中学生の時に、私は、そんなところに興味を持っていて、夏休みに1人で、遊びに行きました。
何もかもが珍しく、商店街も叔父さんに連れていってもらい、ワクワクしていました。

戦前の地図



渡航条件

[大正8年義父]

「平成のパスポート」
私のものです。
病気の前の時には、よく行きました。

昔、べリカードと言う、無線遊びが流行りました。
ラジオをひねくり回して、放送の内容や時間を記録して放送局に送ります。
すると、各放送局によって趣向を凝らしたカードが送られてます。

米とか中国、ロシアなどの国外も、冊子が送られてきましたね。
大人になって、その国に行くとは、思いもよらず、そんなことを楽しんでいました。

切手も、外国切手を集めていました。
日本いがいの国のに対する、憧れがあったのではなにでしょうか。   



みそたねくんの目次