人形劇トムテ

 人形劇  日本人形劇地図(情報広場など)  パネルシアター

オセロゲームに勝つ方法

オセロゲームが強くなる方法

優位に立ってオセロに勝つ
 同じレベルのもの同士が対戦すると、対戦ゲームの場合、引き分けます。でも、相手よりほんの少し優位にゲームを運ぶと、同レベルの人に勝つことができます。オセロは次の手を頭で考えて勝つと考えがちですが、心理をつくことで勝つことがあります。同じレベルなのですから、普通に対戦しては勝てません。そこで、相手の思考を鈍らせることを考えます。たとえば、相手のペースでコマを置かないようにします。相手がすばやく打ったら、すばやく打ち返しません。じらせるように遅らせて打ちます。相手が、時間をかけて打ってきたら、それ以上に時間をかけて打ちます。とにかく相手のリズムに合わせず、自分のリズムの中で打ちます。自分のペースで打っているのですから、それが相手より優位に立つ方法です。逆に相手より早く打つというのも、相手のペースを乱す方法です。

オセロにもっと強くなりたいとき
 ゲームをしていて、どうしても打つ手がなくなるときがあります。どこに打っても負けそうで、時間だけがどんどん過ぎて焦ります。そのときの打開策があります。それは、自分の打つところを考えず、相手は次にどこに打てば優位になるかを考えます。相手の立場で打つ手を考えます。それが見えたら、その手をつぶす手を打ちます。それを打てば、自分のほうが優位に立ちます。優位になりそうになくても、のちのちその手が優位につながる手になります。要するに、自分が優位に立つ手が見つからないときは、相手の優位になる手をつぶすことです。出てくる芽は先につぶしておきましょう。

オセロに絶対に勝つ方法
 限りなくオセロに勝つ方法があります。それは、最後まであきらめずに打つことです。負けとわかっていても、あきらめず打つことです。そうすれば、その対戦でひとつ勉強になります。途中であきらめると学ぶものは何もありません。ひとつ学ぶとひとつレベルがアップして、またひとつアップしてと、どんどん勝つ方が多くなります。そうすると、わざと負けようとしても勝ってしまいます。最悪の手を打っているのに、相手はそれを汲んでくれなくて、今度は負けるのが難しくなります。負けないのですから、そうなったらもう絶対勝つしかありません。一度弱い相手と対戦して、負ける手を打ってみてください。それでも、不思議と勝ってしまいます。

うんちく
 オセロは、日本人の長谷川五郎さんが考えたもので、最初、牛乳ビンのフタをオセロの石にしてやっていたのは有名です。今では日本だけではなく、世界中でオセロゲームが行われています。日本人が考案したというのがミソで、クイズ番組の質問になったりすることもあります。ちなみに、オセロ及びOthelloは、(株)メガハウスの登録商標です。ですから、一般的にはオセロのことを「リバーシ」という名で呼んでいます。要するにリバーシ(reversi)は、リバーシブル(reversible、逆にできるの意)と言う表裏両面とも使える布地からきている。表裏兼用の衣服としてリバーシブルジャケットなどがある。

オセロに勝つ秘訣
 オセロというと、中島知子さんと松嶋尚美さんのコンビを思い出す人がいるかもしれません。(笑)でも、このページでは、見ての通りオセロゲームのことについて記述しています。非常にシンプルなゲームであることは言うに及びません。このゲームの真髄は、直感にあるといっても過言ではありません。数手打つと自分が負けるのか、勝つのかがわかってしまうのですから。考えても考えても勘には勝つことが出来ません。勘は体調が悪いと鈍ります。ですから、元気でいることが、このゲームに勝つ秘訣です。静かに瞑想状態でコマを置いていくと、勘が研ぎ澄まされて勝負に勝つことが出来ます。頭を使ったスポーツなのです。

余談:オセロ的結論
 双方の話したいことを全部話すと、だんだん話が煮詰まってきます。するとある方向に向かい始めます。最後の一言二言で、すべてが決する瞬間が来ます。最後の一言二言は、もう言うべきして発した一言です。白黒をはっきりさせようと、ちゃんと意思を持っていった一言なので、もうあとには戻れません。もう煮詰まっているので、戻る必要もない結論です。確認する必要もない、究極の結論。それが、オセロ的結論です。

角を取らせて勝つ方法
 よく角を狙えとは言いますが、角を取れとは言いません。それは、角を取ったら優位にはなるけれど、勝つとは限らないからです。だから、角を四つ取らせて勝つこともあります。
 普通に対戦すると、ひとつぐらい角は取れるものです。だから、先にそのひとつを与えてしまいます。与えた角に隣接する辺には、先にコマを置かないようにします。置いてもいいが確率的には不利になります。与えた反対側の辺のまずひとつを確実に自分のものとします。ウィングになっても気にすることはありません。それでも優位です。角を取らせたから優位になるのです。問題は、いつ取らせるかです。そのタイミングは、取らせようとする角の反対側の辺が確実に取れるとわかったときです。そのときまで、取らせる角の側にはコマを置かないことも大切です。
 与えた角に隣接する辺に相手がコマを置いたら、自分のコマを置くことを考えます。2、3回負けると勝利の方程式が見えてきます。自分のコマをどこに置いたらいいのかわかってくるからです。これで勝つと快感で、相手は屈辱的です。角を先に取ったのに、いつの間にか逆転されているからです。

四隅を取らせて勝つ方法
 四隅を取らせてかつ方法は、自分のコマを辺に置こうとせず中央に固めることです。置いてもわざと相手に取らせる戦法でゲームを進めます。なかなか自分ではこの形に持っていくのは困難です。成り行きでその形になったときしか使えません。絶体絶命になったときにチャンスが生まれます。辺は取られるは角は取られるはで、崖っぷちに追い詰められてピンチに見えますが、ピンチがチャンスに変わる瞬間です。角を一つ取らせて勝つ方法より快感です。最終局面で急に勝利の女神が微笑むからです。

リバーシ奇数偶数理論
 黒が先手です。2手目が白になります。升目は偶数(64升)ですから、普通最終手は白になります。白が逆転する可能性があります。しかし、最終的に自分のコマの色に、多くリバースしたほうが勝ちです。1手目ですでに黒が優勢です。そのまま行けば黒の勝ちです。白か黒かどちらが勝つかは、なかんずく序盤で9割がた決まります。最終局面で9回裏ツーアウトの打席で大逆転ということもあります。あるだけで回数は少ないです。終盤囲みスペースができたら、そのスペースの数を数えます。偶数なら打ってはだめ。奇数なら危険に見えても飛び込んでいきます。多くは奇数に一発逆転があるのですから、それを信じましょう。負けてもともとです。序盤で勝敗は決まっているのですから。

くの字戦法
 オセロゲームで四隅を取ると優勢になります。優勢になるだけで勝つとは限りません。四隅を取らせて勝つ方法があるのですから。それでも、四隅を取れば優勢になるのは間違いないです。ひとつ手前の四隅の横には絶対打たないことです。手がなくなった最終局面で打つようにします。もし、序盤で打つような人がいたら、反対側の隅を取らせて中に割り込みます。相手は先に隅が取れてと大喜びしますが、こちらの取った隅の方が優勢になります。くの字になるように並べていけば、最終的には33対31ぐらいで勝ちます。運よく勝ったような気がしますが、ほぼ90%の勝ちです。くの字がコの字になりはじめたら、100%勝ちと思っていいです。

勝敗の行方
 リバーシは最後の最後に、その一手で逆転することがあります。下駄を履くまでわからないゲームだから、おもしろいのです。でもそんなゲームでも、最後が見えるときがあります。序盤では、なかなか先が見えなくても、中盤に入ったとたん、その結果が見えてくることがあります。
 まず、このゲーム負けたと思うときを考えてみましょう。自分で石を置いているのですが、置く場所を決められてしまうときです。そのことから逃げようとすると、ますます打つ手を決められてしまって、結局負けてしまいます。勝つときは、その逆で、相手の打つ手を誘導しているときです。相手は、なぜここに打たなければならないのかわからないので、頭をかかえて悩みます。それは、こちらが誘導しているからです。そのゲームの中盤に入ったところで支配権がものを言います。ゲームは支配したところで勝ちが約束されます。下駄を履いても履かなくても、勝敗の行方がわかります。

旅立ち
 ここまで読みそれらを理解し実行できた人は、スパーオセロが完全攻略できている人です。新たなロクヨンゲームへと旅立ってください。簡単だから奥の深い、オセロゲームとの出会いが待っています。

参考リンク:
 日本オセロ連盟:オセロゲームの普及と発展を目指している
 オセロジャパン:学ぶ・買う・楽しむためのお薦めサイト
 Yahoo!ゲーム: - 無料ゲーム - オセロ
 ハンゲーム:無料ゲーム・オンラインゲーム オセロ
 Kurnik:オセロ、将棋・五目並べ・碁・チェス・バックギャモンなども

 オセロなリンクは、ここに掲載できないくらいまだまだたくさんあります。リンクを辿っていけば、無限の広がりがあります。いくつあるか分からないです。オセロゲーム的に「白黒はっきりしろ!」と言われても、オセロには引き分けもあるんですから、この勝負は、双方勝ち負けなしということで・・・●○
ちなみに、オセロ及びOthelloは、(株)メガハウスの登録商標です。

amazon_ad 大回転 オセロ
メガハウス
本体サイズ(約):幅30×奥30×高3.5cm
石が盤面に内蔵された「大回転 オセロ」が登場。クルクルひっくり返すクリック感は今までにない新感覚。石をなくしてしまう心配もいらない。

amazon_ad 史上最強カラー図解 強くなるオセロ
村上 健 (著)
基本、序盤、中盤、終盤の理論と最強テクニックを徹底解説。やすり攻め、指定打ち、開放度理論、定石、余裕手、ウイング攻め、ストーナー、連打、手止まり、通し、偶数理論などを実例と豊富な棋譜を使ってスッキリ解説。

amazon_ad アンパンマン かんたんオセロ
バンダイ
定番ゲーム「オセロ」にアンパンマンが登場! 小さなお子様でもカンタンに遊べる はじめてシートつき。4×4コマから大人と同じ8×8コマまでステップアップして遊べるのでアンパンマンエイジから小学生、大人まで、ながーく遊べるオセロ。 はじめてシートは2枚付属で4つのオセロ以外にパイを使った遊びも楽しめちゃう!
【セット内容】オセロ盤、オセロパイ×66個 (予備2個含む) 、はじめてのシート×2枚。



〒580-0011 大阪府松原市西大塚1-9-7 TEL/FAX:072-334-1522
Copyright © 2017 人形劇トムテ. All rights reserved. サイトマップ