Google セーフ ブラウジング診断

診断提供:グーグル
セーフブラウジングとは、パソコンやプライバシーを保護するため診断の機能で、その診断は下記の入力欄に調べたいURLを入れて診断ボタンを押してください。

セーフ ブラウジング診断では、
1. 入力されたURLのサイトの現在状況
2. Google がそのサイトを巡回したときの状況
3. 不正なソフトの感染を広げる媒介をしていたかどうか
4. サイトで不正なソフトウェアをホストしていたかどうか
などがわかります。

対処の仕方
日ごろパソコンをスキャンして保守することが大切です。検索結果がおかしくなったら、再審査のリクエストを行い1日〜数日待ちます。待っている間に検索エンジンと相性がよくなるようにSEO(Search Engine Optimization  検索エンジン最適化)を講じておきます。
なお、サイトのSEOはアトリ・エトムテ(SEO対策トレンド)にご依頼ご相談ください。

自分のホームページを調べるには、上記のaguseのサイトチェッカーminiが役立ちます。自分のパソコンをしらべるには、 動作環境チェックが役立ちます。
パソコンの動作環境を診断します。JavaScript設定、ダウンロード時間、Cookieの無効・有効、モニターの色数、IPアドレス、ブラウザ情報、バージョン情報など。動作環境チェックが役立ちます。あなたのパソコンの動作環境を診断します。JavaScript設定、ダウンロード時間、Cookieの無効・有効、モニターの色数、IPアドレス、ブラウザ情報、バージョン情報などをチェックします。

PCのウイルスを根こそぎ削除する方法 昨今インターネットの不況に伴い不審なソフトが横行しています。そういう悪意のあるマルウェアに遭遇すると、コードを書き換えられたり、情報が漏洩したりします。自分で判断できる添付ファイルならまだしも、ついうっかり知らないファイルを開いたり、動画を再生したりと危険がいっぱいです。結果は、ブラウザによっては機能の設定を有効にしていなくて使えないこともあります。また、「このサイトはコンピュータに損害を与える可能性があります。」の疑いチェックを確認することにも利用できます。

「脆弱性ハンドブック」は、公的機関であるIPAが発行する情報システムに対する脆弱性対策に関する書籍です。企業等の組織において情報システムのセキュリティを担当する方や、ウェブサイトを運営される方、ウェブサイトの構築・運用に携わる方、そしてソフトウェア製品の開発者に向けて、情報システムに対する脆弱性対応の取り組みを促す方策を推進することを目的としています。
情報セキュリティの分野において、民間企業や政府機関を標的としたサイバー攻撃による被害が次々と発覚し、改めてITリスクの深刻な影響規模が注目を集めることとなっています。たとえば、複数の有力ゲームメーカが相次いで海外子会社のウェブサイトに不正アクセスを受け、大量の個人情報やメールアドレス等が流出したと見られるケース、また、防衛産業の重要拠点や衆議院・参議院の管理サーバが標的型攻撃により侵入され、一部のデータが流出した可能性があるケースなど事欠きません。




〒580-0011 大阪府松原市西大塚1-9-7 TEL/FAX:072-334-1522
Copyright © 人形劇トムテ. All rights reserved. サイトマップ  ツイート